ヨーグルトで腸内環境を整えよう!善玉菌の特徴や効果的な食べ方についてご紹介!

ヨーグルトで腸内環境を整えよう!善玉菌の特徴や効果的な食べ方についてご紹介!

腸内環境を整えるにはヨーグルト!
というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

腸にやさしいヨーグルトの研究がされ、
非常に多くの種類のヨーグルトが見られるようになりました。

そのヨーグルトに含まれる善玉菌の特徴や、
効果的な食べ方についてご紹介します!

 

腸のはたらきと善玉菌について

腸の機能は単に消化吸収だけではなく、
身体に不要な老廃物や有害な物質の排出、
外部から侵入する病原菌から守る機能などもあります。

つまり、腸が弱ると体内に老廃物や有害な物質が残り、
病原菌への免疫力も低下するため、
疲れを感じたり病気になりやすくなってしまいます。

最近は、腸内環境を整える食品や運動、生活習慣など、
多くの方法が紹介されていますが、
取り入れやすい習慣のひとつにヨーグルトが挙げられます。

ヨーグルトには善玉菌の代表である乳酸菌やビフィズス菌が含まれ、
継続的に摂取することで腸内の善玉菌が増えたり、
悪玉菌が抑制されたというデータは数多く残されています。

味噌や漬物などの日本食には植物性乳酸菌が含まれており、
こちらも腸内環境を整えるのに効果的なのですが、
食生活の変化で減ってきているためヨーグルトで補うのも有効です。

 
スポンサードリンク

1日に食べる量はどれくらいがいい?

腸内細菌は腸の中に200兆個ほどいると言われています。

それに比べるとヨーグルトの中に含まれる善玉菌はごく少量で、
カップ1杯のヨーグルトに10億個程度だそうです。

ヨーグルトの力を効果的に発揮するには継続的に摂取し、
腸に善玉菌を入れ続ける必要があります。

ただし、ヨーグルトの取りすぎはカロリー過多になってしまうので、
1日に食べる量は100g程度を目安にするといいでしょう。

また、ヨーグルトについてよく耳にするのは、
善玉菌は胃酸に弱いので腸に届く前にほとんど死滅し、
効果があるのかわからないという疑問ですね。

これについては、死んでしまった善玉菌も、
腸の中にいる善玉菌のエサになるため、
腸内環境の改善につながるのだそうです。

ヨーグルトは善玉菌が腸内に届くかどうかを気にするよりも、
継続的に摂取することが大事なんですね。

 

自分に合ったヨーグルトを続けるのが大事

日本人は牛乳を飲むとお腹を壊してしまう人が多いように、
牛乳に含まれる乳糖を分解するのが苦手です。

ですが、ヨーグルトはある程度乳糖が分解されているため、
牛乳が苦手な人も食べやすいというメリットがあります。

非常にたくさんの種類のヨーグルトが販売されていますが、
選び方としては自分に合ったと感じるものが良く、
調子が良くなったと体感したものを続けるといいですね。

また、ハチミツには善玉菌のエサとなるオリゴ糖が含まれており、
一緒に食べると効果が上がります。

バナナやキウイなどの果物の食物繊維も、
腸内にいる菌を増やすのに有効です。

自分に合うヨーグルトを見つけて継続的に食べ、
腸内環境を整えていきましょう!
 

スポンサードリンク