2015年の中秋の名月はいつ?なぜお団子をお供えするの?その理由は歴史あるものだった!

2015年の中秋の名月はいつ?なぜお団子をお供えするの?その理由は歴史あるものだった!

秋の風習のひとつである中秋の名月。

中秋の名月ではお団子や里芋、ススキをお供えして、
みんなでお月見をしますね。

毎年変わる中秋の名月が2015年はいつなのか、
なぜお団子を食べるのかについて見ていきましょう。

 

2015年の中秋の名月はいつ?

まずは中秋の名月がいつなのか確認していきましょう。

中秋とは秋の中間を、名月とは満月を指し、
毎年9月の中旬(7日頃)から10月の初旬(8日頃)になることが多いですね。

2015年の中秋の名月は9月27日となっており、
この日は満月の前日になっています。

実は、中秋の名月は満月の前日になることが多く、
これは旧暦(太陰暦)の満月の日に合わせるとズレるからだそうです。

旧暦は月の満ち欠けを基準にしているため、
中秋の名月は旧暦では8月15日となっており、
この日が満月となっていました。

その旧暦の中秋の名月を現在の太陽暦に合わせようとすると、
太陽暦では月の満ち欠けを基準にしているわけではないので、
多少のズレが生じるようです。

ちなみに、去年2014年の中秋の名月は9月8日であり、
来年2016年の中秋の名月は9月15日です。
中秋の名月の日が毎年かなり変わっているのがわかりますね。

 
スポンサードリンク

中秋の名月でお団子をお供えするのはなぜ?

中秋の名月ではお団子や里芋にススキを添えたお供えをし、
月見をしながらお団子を食べるかと思います。

では、なぜお団子をお供えしたりするのでしょうか?

元々この行事は豊作祈願や健康祈願として行われ、
秋の収穫の感謝をお月様にしていました。

当初はお団子ではなく里芋をお供えしており、
この行事は別名、芋名月(いもめいげつ)とも呼ばれています。

それがやがて収穫する穀物が米に変わると、
お供えするものがお団子へと変わっていったそうです。

一緒に添えるススキには、魔よけの意味合いが込められているそうですね。

そういった過去の由来から現在は中秋の名月に
お団子を使うようになったそうです。

地域によっては、里芋をお供えするところもあるようですね。

 

2015年の中秋の名月はスーパームーン!?

中秋の名月がいつなのか、なぜお団子をお供えするのか見てきましたが、
かなり歴史のある行事であることがわかりますね。

2015年の中秋の名月の翌日が満月になるそうですが、
この日の満月は月が最も近づくスーパームーンとなるようです。

お月見をするにはお天気の方も気になりますが、
子供とも月を楽しむ絶好の機会ですので、
今年はぜひ月を見ながらお団子を楽しんでみてください。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク