2015年の9月の月の動きや月の満ち欠けをチェック!今年の十五夜、中秋の名月は満月ではない?

2015年の9月の月の動きや月の満ち欠けをチェック!今年の十五夜、中秋の名月は満月ではない?

9月といえば、お月見の時期でもあります。

お月見の日は十五夜、中秋の名月はとも呼ばれていますが、
2015年は日曜日であり、子供と楽しむには最適かもしれません。

ところで、今年の十五夜や中秋の名月は実際に満月になるのでしょうか?
9月の月の動きや月の満ち欠けについて見ていきましょう。

 

2015年の十五夜や中秋の名月は満月とズレる?

2015年の十五夜や中秋の名月の日は、
9月27日の日曜日となっています。

この十五夜、中秋の名月は満月になる日という規準がありますが、
実際は少しだけズレがあるようです。

~中秋の名月に関する関連記事~
2015年の中秋の名月はいつ?なぜお団子をお供えするの?その理由は歴史あるものだった!

満月になるのは9月27日の翌日である28日であり、
十五夜、中秋の名月の日と1日ズレているようですね。

これは、旧暦の太陰暦を現暦に合わせたことで起こったもので、
十五夜や中秋の名月の日が毎年変わるのも、これが理由のようです。

お月見を暦通りするか、満月の日にするかは自由でいいかと思います。

今年の9月の満月はスーパームーンとなるようですので、
可能であればぜひお月見をしたいですね。

 
スポンサードリンク

月の動きや月の満ち欠け

月は太陽の光が照らしている場所が見えるため、
月の満ち欠けは太陽との位置関係によって決まります。

月の満ち欠けは新月からはじまり、やがて満月となり、
また新月へ戻るという動きになります。

その周期は29.5日となっており、
月の満ち欠けはあらかじめ計算することができます。

では、2015年9月の月の動きや満ち欠けを見てみましょう。

・9月5日(土)・・・下弦(左半分が見える状態)
・9月13日(日)・・・新月(ほどんど見えない状態)
・9月21日(月)・・・上弦(右半分が見える状態)
・9月28日(月)・・・満月(全体が見える状態)

9月の満月は28日となっており、
上述の通り、十五夜や中秋の名月とは1日違いますね。

満月の日は達成、成就の日であり、
物事の結果がよくわかる日とも言われています。

物事の見直しや達成度の確認の日として、
十五夜や中秋の名月を1年間の目標設定と、
達成状況を確認する日としてもいいかもしれませんね。

 

月には神秘的な力が!?

月の動きや満ち欠けには色々な話があります。

例えば、満月の日は月の引力が強くなるため、
出血量が増えたり、神経が活性化する、人の出生率も高まるなど。

こういった話には科学的な根拠はないそうなので、
信じる、信じないの話になってきますが、
月の満ち欠けによってリズムを作るのもいいかと思います。

昔から月には何かしら神秘的な力があると信じられてきましたので、
これを機に少し調べてみるとおもしろいかもしれませんね。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク