つわり中のおすすめの食事は?自分の症状のタイプを見極めて対策を!

つわり中のおすすめの食事は?自分の症状のタイプを見極めて対策を!

妊娠してからのはじめての試練がつわりという人も多いのではないでしょうか。

わたしは特定の時間帯にだけ、
ものすごく具合が悪くなって非常につらかったです。

このように人によっても全く違う症状が出るつわり中の食事で、
気をつけたいことやおすすめの食事について説明していきたいと思います。

 

つわり中の食事で気をつけたいこと

つわりの最中というのは胃腸の調子が悪いと感じる人が多く、
機能自体が弱まっている状態です。

そのため消化の良い食べ物を食べることを心がけて、
胃に負担がかからないようにすると吐き気などが起こりにくくなります。

あとは食べつわりなどでちょっとずつ食べている状態の時に、
飲みものを飲みすぎたりすると嘔吐してしまう可能性があるので、
飲みものはちょっとずつ、食べてからしばらくたって飲むようにしましょう。

飲みものは柑橘系の飲みものを飲むと気持ち悪さが増悪してしまうようです。
あたたかい麦茶などをちょっとずつ飲むのが良いのかもしれませんね。

わたしはお腹が空くと気持ちが悪くなっていたので、
キャンディチーズを冷蔵庫に常備していつでも食べられるようにしていました。
このようにいつでも何か食べられるように準備しておくと安心ですよ。

 
スポンサードリンク

つわり中のおすすめの食事

それではつわり中のおすすめの食事についてご説明しましょう。

つわり中は湯気がダメという人が多いと思います。
そこで冷たい冷汁を作ってみてはいかがでしょうか。

氷をたっぷり浮かべて、ささっと食べられるように梅干を入れます。
梅干の酸っぱさが食欲を増進してくれますよ。

お好みでショウガの甘酢漬けをのせてもおいしいんですが、
ショウガはつわりの症状を緩和するとの報告もあるので積極的に食べていきたいですね。

わたしもショウガの甘酢漬けは冷蔵庫に山ほど準備していました。
不思議とショウガを食べると胃のムカムカが治まる感じがしたんですよね。
暗示の効果もあるのかもしれませんが・・・。

覚めたご飯で梅干しおにぎりを作って、
ショウガの甘酢漬けで食べるという方法もおススメですよ。
つわり中は基本的に自分の食べられるものを少しずつ食べていきましょう!

 

自分のつわりのタイプを見極めて対策を!

つわり中の食生活について説明してきましたが、いかがでしたか?

つわりの時は食欲がなくなるか、
食べ続けないと気持ちが悪くなるかのどちらかという人が多いので、
自分のつわりのタイプを早めに見極めて最善策をとれるように準備しておきましょう。

無理に食べる必要はありませんが、飲みものだけはしっかりとって、
食べられるときに食べられるものだけを食べるようにしてくださいね。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク