豆腐の栄養と健康への効果・効能は?たんぱく質以外も多く含んだ良質な食材!

豆腐の栄養と健康への効果・効能は?たんぱく質以外も多く含んだ良質な食材!

柔らかく口溶けの良い絹ごし豆腐、
しっかりした固さがあって食感を楽しめる木綿豆腐など、
豆腐には様々な種類がありますね。

大豆製品の豆腐は、イメージだけでも体に良さそうですが、
実際どんな栄養が詰まっているのか気になりますよね。

そこで今回は、豆腐の栄養についてや、
健康への効果・効能についてご紹介していきたいと思います。

 

豆腐の栄養について

豆腐は主に絹ごし豆腐と木綿豆腐にわかれますが、
一般的に木綿豆腐のほうが栄養価は高いと言われています。

それでは豆腐に含まれる代表的な7つの栄養について見ていきましょう。

栄養素①:たんぱく質
大豆たんぱく質は「畑の肉」とも称されるくらいの栄養価があります。
それでいて低カロリー!
からだに必要な9種類の必須アミノ酸が全部含まれています。

栄養素②:サポニン
抗酸化作用があり、活性酸素を抑制するはたらきがあります。

栄養素③:レシチン
新陳代謝を活発にする脂質です。
血液をサラサラにして脳細胞を活性化させますよ!

栄養素④:イソフラボン
女性ホルモンに似たはたらきをする成分です。
大豆といえばイソフラボン!というくらい有名ですよね。

栄養素⑤:カリウム
体内に溜まった余分な塩分を排出して、血圧を下げてくれる効果があります。

栄養素⑥:カルシウム
骨や歯などを丈夫にしてくれる、からだを土台から元気にしてくれる栄養素です。

栄養素⑦:ビタミン
豆腐にはビタミンB1、B2、Eが含まれています。

ちなみに高野豆腐はカロリーが豆腐の中で唯一跳ね上がるのですが、
カルシウムの数値がダントツでトップです!
成長期のお子さんには、ぜひ食べさせたいですね。

 
スポンサードリンク

豆腐の健康への効果・効能

豆腐に含まれている栄養素がわかったところで、
引き続き健康への効果や効能について主に5つを厳選してご紹介します。

効果①:生活習慣病やがんの予防
大豆製品に含まれる「サポニン」が抗酸化作用によって、
がんや生活習慣病を予防し、幅広い病気の予防につながっています。

効果②:胃腸のはたらきを整える
豆腐にはお腹に優しいオリゴ糖が含まれているため、胃腸の調子を整えてくれます。
便秘を解消してデトックス効果も!

効果③:老化やボケの防止
豆腐に含まれる「レシチン」が全身の血流を促進させて、
脳細胞も同時に活性化させます。
学習能力の向上や、老化やボケの防止に一役買っているのです。

効果④:ダイエットに最適
豆腐といえば低カロリー高タンパクの代表選手です。
肉や魚の代わりに活用することで、
栄養を損なうことなく健康的にダイエットができます。

効果⑤:ホルモンバランスを整える
大豆イソフラボンのはたらきで、ホルモンのバランスを整えて、
更年期障害や月経前症候群(PMS)にも良い効果が期待できます。

 

豆腐はバランスの良い栄養食!

今回、豆腐の栄養、効能や効果についてご紹介しました。

豆腐にはからだに必要な必須アミノ酸が含まれているだけでなく、
ビタミンやカルシウムなどをバランスよく含んだ、
完全な栄養食だということがわかりましたね。

ダイエットを気にしていないなら、
栄養が凝縮された高野豆腐もオススメですよ!

夏は冷やっこ、冬は鍋の具材などなど、
食卓にも並べやすいのも豆腐のいいところ。

ぜひ、いろいろ食べくらべてみてください!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク