てるてる坊主の効果や正しい作り方とは?顔の書き方にも意外な決まりがあった!

てるてる坊主の効果や正しい作り方とは?顔の書き方にも意外な決まりがあった!

次の日が遠足や運動会にもかかわらずあいにくの雨・・・。
そんなときに活躍するのが「てるてる坊主」ですよね!

わたしたちが子供の頃から現代まで、
多くの子供達によって生み出されているてるてる坊主。
ですが、そんなてるてる坊主の由来を詳しく知っている人は少ないはず。

そこで今回は、てるてる坊主の由来だけでなく、
効果や正しい作り方をご紹介したいと思います。

 

てるてる坊主の効果や由来について

てるてる坊主って本当に効果があるの?ということろが一番気になると思います。

ある機関がてるてる坊主についてのアンケートを実施したところ、
約6割もの人がてるてる坊主は効果があった!と回答したのだとか。

もちろん科学的根拠はないそうですが、
意外とてるてる坊主は効果があると思われているようですね。

てるてる坊主は、もとは中国の少し悲しげな物語が起源で日本に伝わってきました。

その物語とは天気の神様が1人の娘を気に入ってしまい、
娘を嫁にもらうまで雨を降らせ続けたことに村人たちが困り果て、
娘は自らその身を神様に捧げたというお話です。

日本にいつごろ、どのようにして伝わってきたのかわかっていないのですが、
おまじないとか呪いの儀式などといった面から、
仏教の文化とともに日本に入ってきたのではないかとも言われています。

もともと先ほどの中国の昔話にもあるように、
てるてる坊主のモデルは女の子なんですよね。

でも日本では日乞いをするのはお坊さんが多いとのことで、
てるてる「坊主」となったのだといいます。

 
スポンサードリンク

てるてる坊主の正しい作り方

皆さんが思っているてるてる坊主って、
ティッシュを丸めて輪ゴムで留めて、
顔を描いて吊るすといったものではありませんか?

しかし、実はこれは間違いなのだそうです。
雨が止むように願っているときにはまだ顔をかいてはいけないんですよ。

必勝だるまのように、雨が止んではじめて、
感謝の気持ちを込めててるてる坊主の顔をかくことができるのです。

てるてる坊主を吊るしたにもかかわらず雨が降ってしまったときは・・・
罰として顔を書かずにそのまま処分をします。
これが正しいてるてる坊主の作り方なんですね。

 

作る機会があれば正しい方法で!

おまじないとしてはメジャーなてるてる坊主について、
その由来や正しい作り方について触れてきました。

てるてる坊主のモデルは中国の昔話にでてくる女の子だったこと、
また、いつごろどのように伝わったかは謎のままだということでした。

そして、正しいてるてる坊主の作り方としては、
顔を描くのはきちんとてるてる坊主の効果が出てからだ、
ということもわかりましたね。

てるてる坊主なんて何年作っていないか忘れてしまいましたが、
正しい作り方も学びましたし、たまには作ってみようかなと思います。

みなさんも坊主を作る機会があれば参考にしてみてください。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク