手のかゆみの原因、対策方法は?主婦の持病、洗い物の水仕事で悩む人必見!

手のかゆみの原因、対策方法は?主婦の持病、洗い物の水仕事で悩む人必見!
スポンサードリンク

この冬の季節、手がかゆくてたまらないときがあります。
特に手の皮膚が薄いからなのか、指の先までポリポリ・・・。

このかゆみ、何とかしたい!と思っている人もきっと多いはずです。
そこで今回は手のかゆみの原因や特徴、対策方法についてご紹介していきます。

 

手のかゆみの原因や特徴

手のかゆみは主婦や飲食関係の仕事の人に多い、
「手湿疹」が原因となっていることが多いです。

これは手の洗いすぎや皿洗いなどで肌の水分が乾燥してしまい、
カサカサになることでかゆみが出てきてしまうということです。

わたしは学生時代にバーテンダーのアルバイトをしていたのですが、
もう手荒れのひどいこと!

見た目があまりに痛々しいので、
お客様から手荒れ用のクリームをいただいたこともありました・・・。

では、なぜ手が荒れるとかゆみが出てしまうのでしょうか?

それは乾燥や洗剤などの刺激によって、
肌表面の手を守るバリア機能が低下してしまい、
ひび割れを起こしてしまうからだそうです。

別の表現で例えると手の表面が砂漠状態になっているということですね。

他には毛染め液などの強力な薬剤によって手にかゆみが出てしまうケースですが、
これはアレルギーを起こしている可能性が高いので、
早急に医療機関に相談に行くようにしましょう。

 
スポンサードリンク

手のかゆみの対策方法

手のかゆみを抑えるために、身近なところから対策をしていきましょう。

・食器洗い用洗剤の銘柄を変える
ちょっとお値段は張るかもしれませんが、
手肌に優しい食器用洗剤に変えることで、
手の表面の潤いが保たれてかゆみが出にくくなります。

・熱いお湯を使わない
あまりに熱いお湯で手を洗ってしまうと、
手を保護している必要な油まで流れてしまい、
乾燥がひどくなってしまいます。
目安は35℃以下のお湯を使用するようにしましょう。

・保湿剤を塗る
手がぬれてしまった時は保湿クリームを塗るようにして乾燥から守りましょう。
ポイントは、指の間まで丁寧に塗ることです。
べたつかないタイプのクリームなどいろいろ販売されていますので、
自分に合ったものを使うと良いですよ♪

・手を洗いすぎない
とはいいつつも、感染症が流行る冬場は手洗いに余念がないという人も多いはず。
その時はあまりごしごし肌をこすらずに、
泡を押し付けるようにして洗うと、手に負担がかからずに済みますよ!

 

手の乾燥を意識してうまく付き合うこと!

一度症状が出ると、治まるまでかきむしってしまいたくなる手のかゆみ。
最も多い原因は水仕事による手の乾燥でした。

もはや手湿疹は主婦の持病ともいえると思いますので、
うまく付き合う必要がありますね。

ただし、あまりに症状がひどいときは見た目の問題もありますので、
皮膚科専門医に診てもらってきれいに治すようにしましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク