帝王切開後の骨盤ベルトはいつから?痛みと相談しながらしっかりケアを!

帝王切開後の骨盤ベルトはいつから?痛みと相談しながらしっかりケアを!

出産後いえば、開いた骨盤をぎゅっと締めて固定する、
骨盤ベルトを巻いている産婦さんがほとんどです。

しかし、分娩が帝王切開だった場合、
ちょうど骨盤ベルトを当てる場所が傷口にぶつかって激痛が…!
また傷口に当たると、そこがかゆくなったりもします。

そこで今回は、産後になぜ骨盤矯正をするのかと、
帝王切開した後に骨盤ベルトを着けられる時期をご紹介します。

 

産後に骨盤矯正をする理由

帝王切開分娩でも骨盤矯正が必要なの?と思われるかもしれませんが、、
赤ちゃんは帝王切開前まで産道に向かって位置を定めていますから、
もちろん骨盤は開いてしまっています。

骨盤が開いたままになると、腰痛だけでなく、
骨の歪みから全身に症状が出てきてしまうこともあります。

また、脂肪の燃焼がうまくいかなくなったり、
ダイエットにも支障が出ることもありますので、
産後はきちんと骨盤矯正はしておくことをオススメします。

ですが、帝王切開は傷口が一番気になってしまいますので、
自分のペースでおこなっていくのがベストだと思います。

傷の痛みを我慢しながらまでつけるのは避けて、
自分の体調や傷口の治り具合と相談しながら、
ゆっくり骨盤矯正をしていきましょう。

 
スポンサードリンク

帝王切開後に骨盤ベルトを着けられる時期

帝王切開後に骨盤ベルトを着けられるようになるのは、
傷口の痛みが良くなってくる2ヶ月くらいからがベストです。

しかし、この痛みや治りも個人差があるので、
まず骨盤ベルトを着ける前に、
骨盤矯正の補正下着を身につけてみるのも有効です。

ワンサイズ大きいものを選べば傷口を圧迫することもありませんし、
血流が悪くなって治りが良くないということもありません。

産後2ヶ月くらいは補正下着で少しずつ骨盤矯正を意識して、
だんだん傷口が良くなってきたら、
骨盤ベルトで本格的なケアに移っていきましょう。

骨盤ベルトは段階的に締め付ける位置を変えられるタイプが人気です。

痛みが治まるに従って締め付けをきつくすれば良いので、便利です。
わたしはマジックテープタイプを愛用していました。

 

帝王切開でも骨盤はしっかりケア!

今回は帝王切開後の骨盤矯正について、
そして骨盤ベルトでのケアについてをご紹介してきましたが、
やはり帝王切開でも骨盤ケアは必須!

傷口の痛みが落ち着いてくる2ヶ月を目安にして、
骨盤ベルトでのケアを開始していきます。

それまでは、負担の少ない、
ワンサイズ大きめの補正下着を履いてケアすると良いですよ♪

なかなか傷口の痛みが良くならずに辛いこともあるかと思いますが、
骨盤矯正も大切ですので、しっかりケアしていきましょうね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク