帝王切開の痛みはいつまで?ピークは?後陣痛の時期も含めて準備を!

帝王切開の痛みはいつまで?ピークは?後陣痛の時期も含めて準備を!

最近は高齢出産の増加などで、帝王切開での分娩が増えてきています。

帝王切開には2種類あり、逆子や骨盤が小さいなど、
はじめから自然分娩ができないとわかっていて、
計画的に帝王切開の予定を組む「予定帝王切開」。

そして、自然分娩中に赤ちゃんの心拍が下がったなどの理由から、
急遽出産しなければならない場合の「緊急帝王切開」があります。

帝王切開と聞くと、やはり皆さん気になるのが術後の痛みですよね。

わたしも逆子が治らず、帝王切開の予約を入れてから、
ずっと痛みについて取り憑かれたように調べていました。

今回は、そんな帝王切開で痛みが出る理由と、
痛みのピークや期間などをご紹介していきます。

 

帝王切開で痛みが出る理由

帝王切開は、お腹と子宮を切って、
お腹の赤ちゃんを取り出す分娩方法です。

予定帝王切開では陣痛が始まる前におこなうので、
自然分娩のような陣痛はありません。

一方、緊急帝王切開では陣痛も経験するので、
かなりつらい状態になります。

帝王切開は主に下半身麻酔を使うのですが、
術後に麻酔が切れてからが本当の勝負です。

傷口が痛むだけでなく、後陣痛といって、
子宮自体が元の大きさに戻るための痛みもプラスされるため、
相当悶絶する痛みになります。

わたしは自然分娩でしたが、
後陣痛が非常に辛くて大泣きしていましたから、
更に子宮やお腹に傷がある状態では想像を絶します…。

そして、寝てばかりもいられないのもつらいところなのです。

帝王切開は手術ですから、なるべく早い段階でからだを動かさないと、
周囲の組織と癒着を起こしてしまうことがあるそうです。

腹筋を使うだけで激痛が起こるので、
ベッドのリクライニングをうまく使いながら起きるようにしましょう。

 
スポンサードリンク

帝王切開による痛みのピークと痛む期間

帝王切開時の麻酔が切れてくるのが、だいたい出産後2時間くらいです。

そこからだんだん後陣痛が始まってきますが、
これは母乳を与えるときに分泌されるホルモンが関係しているので、
授乳中に痛みがピークになることも少なくありません。

わたしも、授乳中はおっぱいの痛みとお腹の痛みで、
悶絶しながらあげていました。(笑)

今となっては笑い話ですが、
当時は痛い痛いと大泣きしていた記憶しかありません。

後陣痛は、子宮の戻りにもよりますが、
だいたい3~4日程度で治まってきます。

その後も1ヶ月くらいは傷口が痛んだり、
お腹が痛んだりとつらい時期ではあると思います。

しかし、痛みがピークに達しているときは本当につらいので、
迷わず痛み止めの薬をもらうようにしましょう。
わたしも、人生であんなに坐薬を入れたのは生まれて初めてでした。

退院後も痛み止めをもらっておくと安心ですから、
遠慮なく助産師さんや医師に相談してみてくださいね。

 

痛み止めの薬を上手く使いながら…

帝王切開の際の痛みについて説明してきましたが、
やはり痛みは避けられません。

帝王切開の痛みのピークは麻酔が切れる出産後2時間後くらいですが、
その後も後陣痛などで痛みは続きます。

ですので、痛み止めの薬をうまく使いながら、
ちょっとつらいかもしれませんが、
術後早めに動くようにすれば傷の治りも早くなります。

そして、お腹に負担がかからない動き方を、
自分なりに工夫して習得していきましょう!

赤ちゃんのお世話で大変な時期ではありますが、
自分の体調もいたわってあげましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク