ついた手作り餅の保存方法をご紹介!味を長く楽しむために工夫を!

ついた手作り餅の保存方法をご紹介!味を長く楽しむために工夫を!

自分たちで一生懸命ついた手作り餅って、
市販品とは違う温かみや美味しさがありますよね。

わたしはよくホームベーカリーの餅つき機能でお餅を作るのですが、
やはりつきたては美味しいんです!
でも、ついつい作り過ぎてしまうことも・・・。

そんなとき、保存方法はどのようにしたら良いのでしょうか?
どうせなら、つきたての美味しさがそのまま維持されるように保存したいですよね!

今回は、そんな手作り餅の保存方法や、
保存するときの注意点について説明しますよ。

 

手作り餅を保存するときの注意点

手作り餅を保存するときには、
第一に空気が入らないようにすることが重要です。

空気に触れてしまうと、それがカビが生えてしまう原因となり、
カビが避けられない状態になってしまうのです。

一度カビが生えてしまった餅は、
目に見えなくても奥までカビが根を張っているため、
処分をしなければなりません。

せっかく作ったのに処分するのは辛いですよね。
そうならないためにも、ラップで餅をしっかり包んでから、
密閉容器やフリーザーバッグに入れて保存をしましょう。

冷蔵庫で保存する場合は、
タッパーなどの密閉容器のほうが保存しやすいかもしれませんね。

もし、ホームベーカリーの餅つき機能や餅つきマシンを使うときは、
食べられる分だけ作るのが一番無駄にせずに済みますので、
作る量を考えていったら良いと思います。

 
スポンサードリンク

ついた手作りの餅の保存方法

それでは続いて手作りで餅をついた後の保存方法をご紹介します。

・冷蔵保存をする場合
まずついた餅をしっかり冷ましてから切り分けます。
切り分けた餅をタッパーなどの密閉容器に入れるのですが、
ここでポイントがあります!

アルミカップの中に練りカラシを入れて餅と一緒に保存してください。
これはアリルイソチオシアネートというカラシに含まれている成分のおかげで、
餅にカビが生えづらくなるのです!

この状態で保存をしておけば、2週間くらいは冷蔵保存することができますよ!

・冷凍保存をする場合
続いて冷凍保存ですが、こちらは餅が空気に触れないように、
1個1個ラップで丁寧に包んでからフリーザーバッグの中に入れて保存します。

こうすることによって、
1~2ヶ月は美味しい状態のまま保存することができますよ!

 

手作り餅をより長く楽しむために!

餅は市販品も調理が簡単で良いのですが、
手作り餅のあの出来立てを味わえる贅沢な時間は格別ですよね!

今回は美味しく保存するためのやり方をご紹介していきましたが、
いかがだったでしょうか?

手作り餅をより長く楽しむために多少手間でもしっかりと保存して、
期限内に美味しくいただけるように工夫していきましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク