たまねぎの皮の効能は?白い部分以上の栄養、使い方と一緒にご紹介!

たまねぎの皮の効能は?白い部分以上の栄養、使い方と一緒にご紹介!
スポンサードリンク

だいたいが捨てられてしまうたまねぎの皮。

え!使えるの?と私も初めて知ったくらいなので、
あまり認知度はないのではないでしょうか。

実はたまねぎの皮には捨てるのはもったいないほど、
素晴らしい栄養がギュッと詰まっているんです!

そこで今回はたまねぎの皮の栄養や効能、
どうやって使ったら良いのかまでご紹介していきたいと思います。

 

たまねぎの皮の栄養や効能

たまねぎの皮の一番注目するべき成分は、
ポリフェノールの一つである「ケルセチン」が、
たっぷりと含まれていることだと思います。

たまねぎの皮がどうして茶色いのかというと、
このケルセチンによるものだそうです。

なんと、皮には白い部分に比べると、
30倍もの量のケルセチンが入っているんですよ!

ケルセチンの効果・効能としては、
血液をサラサラにしてコレステロール値を下げるはたらき、
また、ポリフェノールの一種ですから、抗酸化作用もばっちりです。

体内の活性酸素を抑制することによって、
がん予防やアンチエイジング、
アレルギーの改善などが期待できちゃうんです。

ですので、生活習慣病や老化が気になる中高年の方々には、
是非、たまねぎの皮を利用してもらいたいのですね。

 
スポンサードリンク

たまねぎの皮の使い方

ではたまねぎの皮ってどのようにして利用すればよいのでしょうか?
まさか、そのままむしゃむしゃ食べるわけにもいかないですし・・・。

そんな時は、たまねぎの皮を煮出してお茶にしてみましょう。
意外と暖かくても冷たくてもおいしく飲めるこのたまねぎの皮茶は、
入っている栄養を逃さずにとることができる一番の方法なのです。

早速、作り方の手順をご紹介しますね。

①きれいにたまねぎの皮を洗っておき、沸騰したお湯に投入する。
②10分そのまま煮出して、たまねぎの皮の栄養を出させる。
③茶こしでこしたら出来上がり♪

たったこの3ステップでできますので、忙しい人にもオススメです。

ただ、注意点としては皮を使用するので、
できる限り無農薬や低農薬の有機野菜を使用することが望ましいです。

また、たまねぎ茶にはちょっと抵抗が・・・という人は、
たまねぎの皮以外にもにんじんの皮や、
その他野菜の切れっぱしなどを煮出して作る「ベジブロス」がおススメです。

野菜スープの素などにすれば、
その栄養を余すことなく摂ることができますよ。

 

健康のためにお試しあれ!

たまねぎの皮には、白い部分以上の素晴らしい効能があったんですね。
今まで捨ててしまっていたたまねぎの皮たちに謝りたい気分です。

私もこれからはたまねぎの皮は捨てないで、
健康のためにたまねぎ茶やベジブロスにして使用していきたいと思います。

たまねぎ茶やベジブロスは簡単に作ることができますし、
中高年や生活習慣病の方にもオススメですので、
健康のために、一度試してみてはいかがでしょうか。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク