たまねぎの栄養や効果・効能は?血液をサラサラにして健康に!

たまねぎの栄養や効果・効能は?血液をサラサラにして健康に!

わたしたちにとってかなり身近な野菜であるたまねぎ。

ハンバーグにカレーなどのみんなが大好きなメニューには、
必ずと言っていいほど入っていますよね!
我が家でも必ず2~3個はストックしています。

そんな身近なたまねぎには一体どんな栄養や、
健康への効果・効能があるのでしょうか?

 

たまねぎの栄養について

たまねぎの栄養は、主に3つの成分からできています。
順番に見ていきましょう!

栄養素①:ケルセチン
ケルセチンとはポリフェノールのひとつで、
血液をサラサラにすることで血管を保護するはたらきがある栄養素なのです。
最近は食事の欧米化などから血液がドロドロという人も多くなっています。
そんなときにはたまねぎ料理で万事解決です!

栄養素②:硫化アリル
たまねぎ、それは目の痛みとの闘いです!
試しに一度ゴーグルをしてみたりしてみましたがどうにも治まらず。
これは鼻から硫化アリルが入って目に症状が来るのですね。
ですが、この硫化アリルにはすごい効果が隠されています。

栄養素③:カリウム
カリウムは体内の余分な塩分を排出するだけでなく、
水分の循環にも役立つので、
むくみも防止してくれるダイエットには欠かせない成分です。

 
スポンサードリンク

たまねぎの効果・効能

先ほど、たまねぎに含まれる硫化アリルには、
すごい効果が期待できるとご紹介しました。

その硫化アリルには、主に3つの効果・効能があります。

効果①:高血圧を改善する
硫化アリルにはコレステロール値を下げて、
血液をサラサラにする効果があります。
これによって血栓を予防するので、
動脈硬化や脳梗塞などの血管系の病気に良い効果が期待できます。

効果②:精神状態を安定させて疲労回復する
硫化アリルには体内のビタミンB1を長期間とどまらせる効果があるため、
ビタミンB1の糖質をエネルギーに変えるはたらきで、
疲労回復などの嬉しい効果が出てくるのです。

効果③:食欲を増進させる
たまねぎには胃の内容物を消化する酵素の分泌を活性化させて、
食欲を増進させるはたらきもあります。

たまねぎに含まれる硫化アリルは水に溶けだしてしまうため、
水にさらすより酢で辛みを取るようにすると良いですよ。

他にもケルセチンの抗酸化作用で、
活性酸素が引き起こす老化やがんを予防します。

また、ケルセチンにはたまった脂肪も洗い出してくれる効果もあるため、
ダイエットにも相性が良い食材となっています。

 

高血圧対策やダイエット中の食材としても適任!

たまねぎにはからだにとってもいい効果がたくさんあったんですね!

炒めれば炒めるほど甘みが出てくるたまねぎは、
我が家では欠かせないもので毎日のように登場しています。

様々なメニューの味を引き立てるだけでなく、
血液をサラサラにする効果があるため、
血圧が気になる方の助けになる食材です。

脂肪を洗い出してくれるので、
ダイエット中の食材としても良いですね!

硫化アリルの効果を最大限に発揮するために、
新たまねぎなども水にさらすより、
酢水にさらすようにしていくといいですよ。

たまねぎをおいしく食べて、健康を維持していきましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク