2015年台風23号の最新進路、関東・東京へはいつ?東北や北海道に到達の恐れも!

2015年台風23号の最新進路、関東・東京へはいつ?東北や北海道に到達の恐れも!

2015年の台風23号が発生し、日本へ接近する予想となっています。

この台風23号は発生時から勢力が強いため、
その進路が注目されています。

・2015年台風23号の情報(ウェザーニュースより)

これから台風23号の進路は関東・東京へと向かうようですが、
その最新進路と勢力、日本への到達時期について確認していきます。

 

2015年台風23号の最新進路

2015年台風23号は日本の南東の海上、
小笠原諸島付近にあります。

そこからの最新進路について、
まずは米軍予想を見ていきましょう。

・台風23号 米軍の進路予想
2015年台風23号_10月5日_米軍_20151005

米軍の台風23号の最新進路予想では、
10月5日(月)頃から進路を北方向に変え、
日本へ接近してくる予想となっています。

続いて、ヨーロッパ予想を見ていきます。

・台風23号 ヨーロッパの進路予想
10月5日(火)2015年台風23号_10月5日_ヨーロッパ_20151005
10月6日(水)2015年台風23号_10月6日_ヨーロッパ_20151005
10月7日(木)2015年台風23号_10月7日_ヨーロッパ_20151005
10月8日(金)2015年台風23号_10月8日_ヨーロッパ_20151005
10月9日(土)2015年台風23号_10月9日_ヨーロッパ_20151005

ヨーロッパ予想も米軍予想と同じように、
10月5日(月)から進路を北に変えてくるようです。

いずれの予想でも10月7日(水)には日本へ接近する可能性があるため、
台風による大雨や暴風、荒波には注意が必要です。

 
スポンサードリンク

台風23号の勢力と関東・東京への到達時期

2015年の台風23号の勢力について、
気象庁の情報を見ていきます。

・台風23号 気象庁の発表
2015年台風23号_10月5日_気象庁1_201510052015年台風23号_10月5日_気象庁2_20151005

台風23号は10月5日(月)は最大瞬間風速が30m/s、
10月6日(火)は最大瞬間風速が35m/sと増していき、
10月7日(水)には最大瞬間風速が50m/sとなる予想です。

最大瞬間風速が50m/sにもなると「非常に強い台風」と表現され、
かなり強い台風の部類に入ります。

そして、関東・東京に接近するのは10月7日(水)から8日(木)頃と見られ、
この頃の予想は最大瞬間風速が45m/sとなっています。

今のところ関東への直撃は避けられるようですが、
台風の勢力が強いため、警戒が必要になります。

 

東北や北海道にも影響の可能性

今回は2015年台風23号の最新進路と勢力、
関東・東京への到達時期について見てきました。

台風23号は関東・東京を過ぎた後も、
10月9日(金)、10日(土)には東北や北海道に達し、
大雨を降らせる可能性があるので注意が必要です。

また、今後も進路を変えることも有り得ますので、
引き続き確認をしておきましょう。

~台風の関連記事~
2015年の冬もエルニーニョ現象が影響?台風や大雪の発生にも注意!
台風の名前のつけ方や勢力ランクの基準とは?接近したときは低気圧への影響にも注意!

 
作成者:Shinji
 

スポンサードリンク