台風16号(2015)は関東にいつ上陸するのか?ヨーロッパの予想図で直撃の可能性!

台風16号(2015)は関東にいつ上陸するのか?ヨーロッパの予想図で直撃の可能性!

2015年の台風16号が関東に直撃する可能性があるようです!
いつ上陸するのか気になるところですね!

しかも台風16号は沖縄から入ってくるのではなく、
ヨーロッパの台風予想では関東に直接入ってくると見られています。

その台風16号がいつ上陸するのか、予想図を見てみましょう!

 

2015年台風16号の進路図

台風16号は18日から22日にかけては、
小笠原諸島に向けてゆっくりと進行するようです。

ヨーロッパの2015年台風16号予想図(18日)2015_台風16号_ヨーロッパ_18日

ヨーロッパの2015年台風16号予想図(22日)2015_台風16号_ヨーロッパ_22日

日本列島の右下の渦が台風16号、左下の渦が台風15号です。

小笠原諸島上陸後、台風16号は23日には関東の沖に接近し、
24日~25日頃に上陸してくると予想となっています。

ヨーロッパの2015年台風16号予想図(25日)2015_台風16号_ヨーロッパ_25日

台風16号は関東へ24日あたりに入った後、
台風15号の位置の影響からか、25日から停滞する可能性もありますね。

台風の進路や進行速度は頻繁に変わり、
予想より早まったり、遅くなったりすることもありますので
今後も注意が必要です!

 
スポンサードリンク

2015年台風15号と同時発生

2015年台風16号の特徴の一つとして、
台風15号と同時発生したことが挙げられます。

2つの台風が同時発生したのは8年ぶりとのことで、
その進路も関係してくるでしょう。

気象庁の発表によると18日午前3時の段階では、
台風16号の勢力は最大瞬間風速60m/sで「非常に強い」、
西北西に向かって進行しています。

気象庁の予想図(18日午前3時)2015_台風16号_気象庁_18日3時

これが21日の午前3時には最大瞬間風速が70m/sと若干強まり、
進行速度も北西へと変わってくるようです。

通常の台風でもこれくらいの勢力はありますが、
この強さを保ったまま関東へ来ることはあまりありません。

このまま関東への上陸となれば、いつも以上に警戒が必要となりそうです。

特に、24日、25日は平日ですので、
首都圏での通勤や通学に影響が出る可能性があります。

予想通りの進行を保って関東に来るとなった場合、
最新の情報でいつ、何時頃上陸するのかは確認しておきましょう。

 

関東に入る前に十分な警戒を!

2015年の台風16号はアッサニーと名付けられています。

これはタイ語で「雷」という意味だそうで、
それてくれるのがありがたいですが、このまま関東直撃となれば、
日本にとってその名前にそぐう衝撃のものとなりそうです。

おそらく、台風の情報が入って警戒し出すのは
小笠原諸島に近づく21日あたりになるかと思いますので、
22日、23日の土日には準備しておいたほうがよさそうですね。

 
作成者:Shinji
 

スポンサードリンク