小学校入試の日程や費用、倍率はどれくらい?説明会などに参加してしっかり調査を!

小学校入試の日程や費用、倍率はどれくらい?説明会などに参加してしっかり調査を!

一番長い義務教育である小学校、
できれば質の良い環境で教育を受けさせたいと願う親は多いはずです。

そんな家族たちが一丸となって取り組むのが小学校入試です。
そこで今回は厳選した有名私立小学校の入試日程や入学費用、
倍率などをご紹介したいと思います。

 

小学校入試の日程や費用

それではさっそく、有名私立小学校5校の2016年度入試日程や、
入学費用を調べてみましたのでご覧ください。

①青山学院初等部
出願…10月1日~10月3日まで
試験…11月2日~6日までの間で2日間
合格発表…11月9日
入学手続…11月12日
入学金初年度…1,316,000円
次年度以降…956,000円

②学習院初等科
出願…10月3日まで
試験…11月1日~5日
合格発表…11月7日
入学手続…11月10日
入学金初年度…1,482,000円
次年度以降…1,182,000円

③田園調布雙葉小学校
出願…10月2日まで
試験(面接)…10月14日~17日
試験…11月1日
合格発表…11月3日
入学手続…11月4日
入学金初年度…1,049,000円
次年度以降…649,000円

④東洋英和女学院小学部
出願…10月1日
試験…11月2日
合格発表…11月2日
入学手続…11月4日、5日
入学金初年度…1,405,000円
次年度以降…1,070,000円

⑤暁星小学校
出願…10月2日
一次試験…11月2日
一次試験合格発表…11月3日
二次試験…11月4日
二次試験合格発表…11月5日
入学手続…11月9日
入学金初年度…1,024,000円
次年度以降…874,000円

学校によって出願期間が長い学校と短い学校、
また試験も面接があるところとないところがあることがわかりました。

学費もかなり学校によって違ってくるので、
事前に調べておくことが重要です。

詳しいことが学校でおこなわれる説明会でわかると思いますので、
出席して学校の様子を見てきてくださいね!

 
スポンサードリンク

小学校入試の倍率について

小学校入試は、人気校であれば倍率が10倍を超える学校もあります。

例えば毎年私立小学校入試倍率ランキング1位となっている、
慶應義塾横浜初等部の倍率はなんと約12倍です。
続いて慶應義塾幼稚舎が11.7倍となっています。

人気校はだいたい倍率が5倍以上である場合が多く、
受験対策をしていかないとふるいにかけられてしまいます。

毎年入試希望者に向けた説明会が各学校でおこなわれていますので、
必ず出席をして学校が望む生徒像や雰囲気、
強化しておいたほうがいい勉強をリサーチしておくことをおすすめします。

それで得られた情報から、お子さんと一緒に一から組み立てて行ってください。
入れる学校は一つですので慎重に選択し、後悔がないようにしましょうね!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク