衝動買いの原因と対策方法は?買う前の一呼吸で冷静な自分を呼び戻そう!

衝動買いの原因と対策方法は?買う前の一呼吸で冷静な自分を呼び戻そう!

最初に買うものを決めて買い物をするはずだったのに、
なぜか買い物から帰ってみると予定にないものがズラリ・・・。

そう、その場で欲しいなと思ったものを衝動買いしてしまったのですね。
でも、なぜついつい衝動買いをしてしまうのでしょうか。

衝動買いしないように何か対策が立てられれば良いのに、
と思っている人は結構多いですよね。
そこで今回は、ついやりがちな衝動買いについてご紹介していきます。

 

衝動買いをしてしまう原因

多少なりとストレスを抱えている人が多いこの世の中、
衝動買いをしたっことがないという人はほとんどいないと思います。

誰でも欲しいな、と思ったら買いたくなってしまいますし、
そういった感情は悪ではありません。

しかし、いくら物が安く販売していても、
今後それを使うかわからないのに購入してしまうのは問題であり、
そこで踏みとどまることができるかが重要なのです。

つい物を買ってしまうシチュエーションとしては、
例えば会社などで嫌なことがあって、
お金を使ってパーッと気を晴らしたい感情でお金を使うのも衝動買いになります。

世の中には「限定品」や「希少品」といった誘惑の言葉がウヨウヨしていますし、
ストレスを抱えているときに衝動買いをしやすい環境があるような気もしますね。

そんな私も「限定品」と聞くとついついほしくなってしまうタイプなのですが、
中には購入してから「なんでこんなものを買ったんだろう・・・」と、
後々後悔するケースも少なくありません。

甘い誘惑にあふれている売り場とお金を使ってしまいたいという心理が、
衝動買いを生み出す原因になっていることは間違いなさそうです。

 
スポンサードリンク

衝動買いの対策方法

衝動買いをしないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?
それはまず商品を買う前に、下記の点を考えるようにしてみましょう。

・本当に自分にとって必要なものなのか?
・この商品は値段相応の価値があるのか?
・感情に任せてお金を使おうとしていないか?

これら3点を商品を手に取ってからレジに向かう前に、
一呼吸をおいて立ち止まって考えてみるのです。
そうすると、ふと冷静な自分が顔を出してきて商品棚に戻したくなってきますよ!

私も会社でストレスを感じることがあったら、
感情に任せて物を購入していた時期があったのですが、
この「一呼吸」をおくようになってからは衝動買いの頻度は減りました。

ストレスを抱えている中でも、冷静な自分は頭のどこかに必ずいるはず。
衝動買いに悩んでいたならば、その自分を呼び戻してあげてください。

 

ストレスの発散方法を見つけてみるのもアリ!

今回は衝動買いについて私の体験談も織り交ぜながらご紹介してきました。

衝動買いはあまり良くないとわかりつつも、
やっぱりお金を使うのはスカッとするんですよね・・・。

しかし、この快感が癖になるとなかなか抜けられなくなってしまうのも事実。
癖になる前に衝動買いしない対策をしていくのが望ましいですね。

また、衝動買いの原因はストレスとも関連していることが多いので、
ストレスを感じないように心がけたり、
他のストレス発散方法を見つけるのもアリでしょう。

衝動買いでお悩みの方は、一度ストレスを感じていないか振り返り、
対策を講じてみてはいかがでしょうか。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク