松竹梅の意味・由来、正月の植物になった理由とは?

松竹梅の意味・由来、正月の植物になった理由とは?

何かをランク付けして考えるとき「松竹梅」という言葉を使うことがあります。
この松竹梅、よくよく見ると正月の植物として使われているんですよね。

門松やしめ縄、鏡餅の飾りなどでその姿を見ることがあるでしょう。
そこで今回は、松竹梅の意味や由来、正月に使われる理由などをご紹介します!

 

松竹梅の意味・由来について

松竹梅って、たまにどっちが上だったっけ?と戸惑いますよね。
正しくは「松>竹>梅」となります。

では、なぜ松が最上位なのかというと、
松は常緑樹といって冬でも枯れないことから、
神聖な場に用いられてきたことに由来するそうです。

確かに松は冬でも緑が鮮やかで変わらないですよね!

続いて松と同じように冬でも枯れない竹、
旧暦でいう冬に赤く可愛らしい花が咲く梅が次々と加わったのです。

ただ、一部の鰻店では梅が最上ランクのコースとしているところもあるため、
厳密に「松>竹>梅」と決められているわけではないということです。
確かにこれではちょっと戸惑いますよね・・・。

結婚式で杯を飲む際は三々九度で松、竹、梅と三回に分けて飲みます。
そのためやはり一般的には松が最上位の認識で良いのではないでしょうか。

 
スポンサードリンク

正月に松竹梅が使われる理由

正月という歳神様を迎える神聖なときに飾る正月飾りには、
松竹梅が使われていますよね。
その由来は、中国から来ていると言われています。

・松
冬でも枯れない常緑樹で神聖な木だと言われており、古くから崇められていたためです。
その枯れない様子から「長寿」の象徴として正月飾りの松飾りなどに使われています。

・竹
竹は冬でも枯れずに、さらに太くて丈夫ということから、
「生命力」「健康」「成長」の象徴として門松として正月玄関先に置かれます。

・梅
梅は、厳しい冬の寒さにも負けずに春が近づくと真っ先に花を咲かせます。
このことから「繁栄」を意味して鏡餅などの飾りに使われています。
その赤い花はワンポイントとして非常に華やかになりますよね。

 

厳密にはランクは決められていない

正月飾りは平安時代からその習慣がある古いものです。
松竹梅も古来より中国から伝わったもので非常に古くから歴史があります。

どれもきちんとめでたい場に使われる意味があったんですね。
しかしランクに関しては厳密には決められていないようでした。

次の正月飾りを飾る日には、
こうした知識を生かしてきちんと飾っていきたいなと思います。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク