スマホが子供に与える影響が問題に!関心が高まるネットの情報とSNSの危険性

スマホが子供に与える影響が問題に!関心が高まるネットの情報とSNSの危険性

スマホ依存症、SNS問題、LINEいじめ…
スマホが子供に悪影響を与えたり、問題が起こることが増えています。

特に最近はLINEいじめによる事件が多発するなど、
教育とスマホへの関心が高まっています。

では、スマホが子供に与える影響や問題はどういったものがあるのでしょうか?

 

ネットの情報の危険性

今はスマホを使ってネットから簡単に情報を得ることができます。

一昔前、わからないことがあれば書店や図書館へ足を運んで書籍を探すことがありましたが、
今では検索条件を入力するだけでたくさんの情報を見つけ出すことができますね。

仕事でもネットの情報を利用することも多く、効率も上がっているのは事実です。
非常に便利になった反面、多すぎる情報を整理・選択する必要もあります。

特に子供の場合、どの情報が正しいのかという判断をすることがまだできません。
ネットには間違った情報も多く存在するため、情報を判断ができないのは問題となります。
最悪の場合、悪意のある人間に引き込まれることさえあるでしょう。

また、スマホを持ってしまうと読書や人との交流をする機会も減り、
教養を身につけることもできなくなってしまいますので、
教育の妨げになる危険性があります。

 
スポンサードリンク

 

SNSの危険性

スマホを持っているとFacebookやLINEなどのSNSを利用することも多いかと思います。

SNSを利用すれば、24時間知り合いと連絡が取り合うことができるため、
「孤独」という状況にはならなくなりますね。

ただ、孤独にならないことは一見良さそうに見えるのですが、
実は孤独は物事を深く考えるための時間でもあり、
その時間がなくなってしまうのも教育上良くないと見られています。

また、SNSに一度でも参加してしまうと怖くて抜けられなくなってしまったり、
情報を常にチェックし続けてしまう「SNS依存症」に陥ったりする危険性もあります。

そして、LINEいじめなどに関わる可能性もありますので、
子供にとってSNSは大きな危険性を持っているものと見てもいいでしょう。

それでも、大人になると昔の知り合いと情報交換ができるようになるなど、
SNS自体は非常に便利なものだと思います。

 

人間性の教育も重要

子供とスマホの関係には、多くの問題点が浮上してきています。

情報技術の向上によって生活が豊かになったのは確かですが、
使う側も使わせる側もまだ問題点の発見と対策が追いついていないのが現状ですね。

SNSでのいじめによる問題も多くなってきており、
親としても子供にスマホを持たせないなど、対策が必要になってきています。

スマホやSNSの使用者によって制限をかけるようにするなど少しずつ対策がされてきていますが、
人間性の教育も重要になってくるのではないでしょうか。

普段の生活や学校の教育でも人としての成長ができるように、
正しい指導を徹底していってほしいですね。
 

スポンサードリンク