夏に快適な睡眠をとるための暑さへの対策と深部体温の調整方法

夏に快適な睡眠をとるための暑さへの対策と深部体温の調整方法

暑くて寝苦しい夏の熱帯夜。

夏に快適な睡眠をとるためには暑さへの対策はもちろん、
それ以外にも気をつけたいポイントがあります。

 

暑さへの対策

年々暑くなっていく夏の気温ですが、
快適な睡眠をとるためにはその対策も必要ですね。

暑さ対策にはエアコンの設定や、
後頭部を冷やすといった方法が挙げられます。

眠り始めは体温を下げるために汗をかくため、
室温は涼しいほうが快適になります。

エアコンの目安としては26~29℃ほどですが、
寒すぎるとかえって眠りが浅くなりすぎるため、
自分で調整していくとよいでしょう。

稼働時間は就寝1~3時間で電源を切るように設定しておき、
熱帯夜の場合は高めの温度で一晩中かけておくと熟睡できるそうです。

また、就寝時に後頭部を冷やすことで脳がクールダウンするため、
冷却袋などを利用して後頭部を冷やすのも効果的です。

ただし、頭ではなく首や肩を冷やしてしまうと、
かえってリラックスできずに肩こりの原因になってしまうので注意です。

 
スポンサードリンク

暑さ以外で対策すること

夏は暑さだけでなく、湿気の多さや日照時間の長さも、
快適な睡眠を妨げるポイントとなっています。

人間は日照時間が長くなると、
自然と眠くなる時間が遅くなるそうです。

加えて、夏の朝は早く明るくなるため起きる時間も早くなり、
その結果、睡眠時間が短くなる傾向があります。

その対策として、体内時計のリズムを整える意識をし、
日中は活動的に過ごす、寝る前に深部体温を下げる、
と言った点が挙げられます。

深部体温とは人間の体の中心部の体温のことで、
この体温が下がると眠くなってきます。

具体的には、深部温度の調整のための汗の蒸発をスムーズにするために、
エアコンで湿度をコントロールするといった工夫が必要になります。

また、就寝の1~2時間前に入浴すると全身の血行がよくなり、
肌の表面から熱が放出されるので深部温度を下げることができます。

その他、夏に限らず睡眠には基本的なことではありますが、
寝る際にはリラックスすることも大切です。

寝る前にスマホやパソコンをいじると交感神経を刺激し、
寝つきにくくなってしまうので注意しましょう。

 

快適な睡眠で楽しい夏を!

睡眠時間は一日の3分の1を占めるほど重要なもので、
睡眠時間や質の低下は生活への悪影響を与えます。

睡眠不足によって一度生活のリズムを崩してしまうと、
生活の質の低下だけでなく夏バテや病気にもつながったりするため、
夏はより睡眠について意識しなければならない時期ですね。

非常に体調管理の難しい時期ですが、
お祭りや花火大会などのイベントがあって盛り上がる時期でもあります。

そんなときに体調不良でノリきれない、ではもったいないですよね。
そんなことがないように普段から質の良い睡眠を心がけていきましょう!
 

スポンサードリンク