新生児のしゃっくりが止まらない、多いときの原因は?心配しすぎず温かく見守ることも大切!

新生児のしゃっくりが止まらない、多いときの原因は?心配しすぎず温かく見守ることも大切!
スポンサードリンク

母親のお腹の中にいる頃から、
しゃっくりをしていたという赤ちゃんも多いと思います。

無事誕生して、新生児となった今でも、
きっと頻繁にしゃっくりをしていることでしょう。

でも、なんで新生児ってこんなにしゃっくりが多いんでしょうか?
あまりにも止まらないとちょっと心配になってしまいますよね。

そこで今回は、新生児のしゃっくりについて説明をしていこうと思います。

 

新生児のしゃっくりが止まらない、多いときの原因

しゃっくりというのは、横隔膜のけいれんが原因で起こります。

大人でも、冷たい飲み物を飲んだり、
ストレスなどで刺激が加わるとしゃっくりが出てしまいます。

これが新生児となると、横隔膜の筋肉がまだ未熟なために、
頻繁にしゃっくりが起こってしまうのです。

例えば、ミルクや母乳を飲んだ時に、
空気を一緒に飲み込んでしまったことによる刺激によるもの。

おむつが濡れていたりして、
お腹がちょっと冷えてしまったときなどに、
すぐ横隔膜に刺激が加わります。

傾向として、お腹の中にいるときからしゃっくりが多い赤ちゃんは、
産まれてからも頻度が高いと言います。

実際、わたしの場合も子供がお腹にいるときから、
それはもう頻繁にしゃっくりをしていました。

産まれたその日もしゃっくりをしていたので、
やはりそういう傾向は考えられるでしょうね。

 
スポンサードリンク

しゃっくりが頻繁なときの対応は?

赤ちゃんのしゃっくりは基本的に心配要らないものなので、
自然に治るのを待ってもオッケーですが、
対応策としては主に3つの方法が挙げられます。

対策①:ミルクや母乳を飲ませる
大人でも水を飲んで止めますよね。
赤ちゃんも同じで、ミルクや母乳を飲んだ拍子に止まることがあります。
でも、お腹いっぱい飲ませるとまたそれが刺激になって、
しゃっくりが出てしまうことがあります。

対策②:げっぷをさせる
胃の中に溜まった空気を放出してあげることで、
横隔膜の刺激を抑えるという方法です。
縦抱っこをして、頭を肩にもたれかけさせるようにして、
背中をトントンしましょう。

対策③:からだを温める
赤ちゃんのお腹を中心に温めてあげることにより、
横隔膜のけいれんを抑えることができます。
おむつを替えてあげるだけでも違いますよ。

非常に稀ですが、しゃっくりがあまりにも治らない場合、
横隔膜に膿などが溜まっている場合があります。
ですが、赤ちゃんが元気そうであれば特に心配はいりません。

 

新生児は頻繁にしゃっくりをするものの・・・

今回は新生児の可愛い動作のひとつ、
しゃっくりについてご紹介してきました。

新生児はまだ横隔膜の筋肉が未熟なので、
しゃっくりが起こりやすいんですね。

ですが、大人のしゃっくりほど苦しいということはないようですので、
頻繁にしゃっくりしてもそれほど心配はありません。

おむつを替えたりミルクや母乳を飲ませるなどして、
温かく見守っていくのが一番です。

ただ、間違っても大人のように驚かせたりしないでくださいね。(笑)

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク