新生児の授乳間隔や量、3時間おきの授乳は守るべき?

新生児の授乳間隔や量、3時間おきの授乳は守るべき?

新生児というと、授乳の間隔などかなり神経質になってしまいますよね。

授乳の間隔が狭すぎて休む暇もない、母乳の量が足りているのか心配…、
といったような、様々な悩みの声を聞きます。

わたしも最初は母乳の量が足りているのか自信がなくて、
しかも激痛で毎回の授乳の時間が苦痛で仕方ありませんでした。

そこで今回は、そんな新生児に授乳を頑張るお母さんのために、
授乳について情報を発信したいと思います。

 

新生児の授乳の間隔

みなさん必ずと言っていいほど耳にしたことがあるのが、
「3時間おきの授乳」という言葉。

母乳育児で頑張ろうと思っているお母さんにとっては、
この3時間ごとの授乳というのは、
当てはまらないことがほとんどなんです。

なぜなら、新生児の赤ちゃんはお腹が空いた時以外にも、
寂しい時にお母さんのおっぱいを求めるからです。

わたしの場合は、出産した産婦人科が、
「赤ちゃんが欲しがったときに欲しがる分だけ授乳をする」、
というスタンスだったので、最初は休みのない授乳でてんてこ舞いでした。

でも、そのうち赤ちゃんが泣いても「あら、おっぱいが欲しいのね」と、
余裕を持って接することができるようになりましたよ。

もうほとんど出ていない状態ですが、
1歳を過ぎた今でも欲しがるだけ与えるようにしています。

授乳が3時間おきといわれるのは、ミルクの場合です。
ミルクは新生児の胃腸には負担がかかるので、
頻繁には飲ませないので3時間おきとなったんですね。

母乳育児であればこれは当てはまらないので、
新鮮なおっぱいをあげるためにもどんどん授乳するのが良いのです。

 
スポンサードリンク

適正な母乳の量は?

ミルクと違って、母乳はどれだけ出ているかわからないということで、
戸惑うお母さんも多いことと思います。

しかし、赤ちゃんに積極的に直接吸わせていれば、
毎日少しずつ母乳の量は増えてきます。

わたしも最初は授乳時の痛みや、あげるのが下手だったせいもあり、
なかなか量が増えませんでした。

でも、泣きながらでも根気よく吸ってもらっていたら、
2週間くらいでゴクゴク喉を鳴らしながら飲めるくらいの量になり、
1ヶ月健診では1500グラムも増えていました。

中には、スケールでその都度体重を計りながら、
数字とにらめっこしながら授乳する人もいらっしゃいますが、
あまり神経質になるのも逆効果でしょう。

今回は足りなかったかな、でもまた次に吸ってもらえばいいわ、
くらいに楽に考えながら楽しく授乳するようにしましょう。

わたしも最初は本当に痛くて量も少なくて自信が持てず、
何度もミルクにしようかと心が揺れた時期もありました。

でも辛かったのは最初の2週間だけ!
乳首も柔らかくなって、そのあとは母乳の量も増えて、
授乳の時間が幸せな時間になりました。

最初の試練を乗り越えれば、あとは大丈夫です!

 

最初は辛くても根気よく!

新生児の授乳に関してはわたしも本当に辛かったので、
少し熱く語ってしまいました。(笑)

でも、最初は痛くて辛かったけれど、
根気よくおっぱいを吸わせてみて本当に良かったと思っています。

何せ母乳だと、寝ながら授乳できるので夜中とっても楽なんです。
なにより、一生懸命おっぱいを飲む我が子の顔は最高に可愛いですよ!

ちょっと我慢したら、そのあとは幸せな授乳ライフが待っていますので、
是非あきらめずにチャレンジしてみてくださいね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク