新生児の授乳の姿勢や抱き方のコツは?お母さんもリラックスすることが大切!

新生児の授乳の姿勢や抱き方のコツは?お母さんもリラックスすることが大切!
スポンサードリンク

新生児はまだ首もすわっていないため、
ふにゃふにゃしていて抱っこするだけで精一杯!

ましてや授乳なんて難しくて、
なかなか姿勢まで意識が回らないのが普通ですよね。

でも、そのせいでひどい肩こりになってしまったり、
腰が痛くなってしまったりと、
節々の痛みに悩むお母さんが多いのです。

そこで今回は、新生児に授乳するときの姿勢や抱き方のコツ、
注意点などをご紹介したいと思います。

 

新生児の授乳の姿勢と注意点

まず授乳の姿勢について見ていきましょう。

授乳のポイントはお母さんが赤ちゃんの口に乳首を持っていくのではなく、
赤ちゃんの口を乳首に近づけるということです。
つまり、お母さんの姿勢が前かがみにならないことが大切なんですね。

このときに、授乳クッションなどを使うと、
赤ちゃんが高い位置にくるので非常に授乳がしやすくなります。

赤ちゃんの首をしっかりと腕で支えながら、
乳首をくわえやすいように口を持っていきます。

最初は赤ちゃんも乳首を吸うのが下手なので、
何回かやり直すことになることもあります。

ただ、授乳初心者なのはお母さんも同じですよね。
一緒に上達していくぞ!くらいの気持ちで、
チャレンジしながら続けていくと良いですよ!

また、授乳の際の注意点ですが、
赤ちゃんは乳首を吸いながら鼻呼吸をしています。

鼻がおっぱいに塞がれるようなことがないように、
空いている手で胸を押さえながら授乳しましょう。

 
スポンサードリンク

授乳のときの抱き方のコツ

授乳の際、いつも同じ姿勢であげていると、
乳腺炎の原因になってしまうこともあります。
そのため、様々な抱き方で授乳をすることになると思います。

でも実は、全ての抱き方に共通するコツがあるものなんです!
ここでは、抱き方のコツについて説明していきます。

コツ①:赤ちゃんの頭がまっすぐ乳首に向いている
授乳のときは、赤ちゃんが乳首全体をパクッとくわえる必要があるため、
しっかりと赤ちゃんの頭が乳首の方を向いているかどうかを確認しましょう。

コツ②:赤ちゃんの体が曲がっていない
赤ちゃんの頭を乳首の方に向かせるときは、
からだごと一緒に向かせるようにしましょう。
また、縦抱っこであげるときには、
必ず赤ちゃんの首をしっかりと支えてあげましょう。

コツ③:お母さんがリラックスする
お母さんが緊張して筋肉をこわばらせていると、
赤ちゃんにも緊張が伝わって、うまく授乳できなくなってしまいます。
まず、お母さんがリラックスした状態で授乳に臨みましょう。

…とはいいつつも、やっぱり緊張してしまいますよね。
そんなときは赤ちゃんに語りかけをしながら授乳してみると、
意外とリラックスできますよ♪

 

とにかくリラックスすること!

赤ちゃんのお世話で欠かすことができない授乳の時間、
なるべく楽しくリラックスしてやりたいですよね。
そこで大切な姿勢や抱き方のコツについてご紹介してきました。

一番大切なことは、赤ちゃんの口を乳首に誘導することと、
お母さんがリラックスすることです。

疲れたときは、添い乳でも良いので、
ちょっと肩の力を抜きながら授乳してみてくださいね。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク