新生児のげっぷが出ない、苦しそうなときの対処法は?横向きにするポイントもご紹介!

新生児のげっぷが出ない、苦しそうなときの対処法は?横向きにするポイントもご紹介!

新生児で多くのお母さんが悩むことになるであろう「げっぷ」。

赤ちゃんは大人のように自分でげっぷをすることができませんので、
大人が赤ちゃんのげっぷをサポートしなければなりません。

そこで今回は、新生児のげっぷについてや、
苦しそうにしている時の対処法をご紹介したいと思います。

 

新生児のげっぷの重要性とは?

新生児にミルクや母乳を与えたあとは、
必ず背中をトントンしてげっぷを出させてあげますよね。

でもなぜ新生児にげっぷをさせることが重要なのでしょうか?
それには主に下記の4つの理由があります。

・しっかり吸収させるため
・吐き戻しを防止するため
・息苦しくならないようにするため
・お腹が苦しくならないようにするため

新生児はミルクや母乳を飲むときに、
空気もたくさん飲み込んでしまうので、
お腹に空気がたまりやすくなってしまいます。

また、新生児の胃の形は縦になっており、非常に逆流しやすいので、
うまく飲んだものを吸収できないんですね。

そこで、げっぷをさせてたまった空気を吐き出させることで、
お腹の苦しさや気管の詰まりを解消することができるのです。

げっぷは、少なくとも首がきっちりとすわるまでは、
大人が手伝ってあげることになります。

 
スポンサードリンク

げっぷが出なくて苦しそうなときの対処法

新生児にミルクや母乳を飲んだ後、
背中をトントンしてげっぷが出るように促しますが、
100%げっぷが出るというわけではありません。

そんなときはちょっと赤ちゃんも苦しそうで、
少し心配になってしまいますよね。

そんなときは、無理に背中を叩いたりせずに、
横向きに寝かせて顔も横を向かせておきましょう。

このとき、上体を少し起こし気味にするのがポイントです。

わたしはバスタオルを丸めたりして、
からだが動かないように固定していました。

横向きからうつ伏せになってしまわないように、
お腹側にもバスタオルを丸めたもので固定しておきましょう。

この時期、赤ちゃんの体勢を変えたりするのに、
バスタオルは非常によく使いますので、
たくさん常備しておくと重宝しますよ!

また、吐き戻したとき用に、口元にはガーゼを敷いておくと処理が楽にできます。

 

げっぷを確実に出させてあげるために・・・

今回は新生児のげっぷの重要性や対処法についてご紹介してきました。

げっぷがなかなか出なかったときの対処法としては、
赤ちゃんを横向きにさせてあげましょう。
このときは、吐き戻したときのための準備もしておきましょうね。

新生児にげっぷをさせるのは、ミルクや母乳をスムーズに吸収させたり、
赤ちゃんが苦しくならないようにするためなので、非常に重要なことです。

げっぷがなかなか出なくて困ったときは試してみてくださいね。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク