妊娠初期、心拍確認できる時期はいつから?病院で検査する時期にも注意!

妊娠初期、心拍確認できる時期はいつから?病院で検査する時期にも注意!

待ちに待った妊娠でも、予想外の妊娠でも、
やはり妊娠検査薬で陽性が出るとドキドキしちゃいますよね。

わたしも思いっきり喜ぶというよりは、正直震えました。

初期流産が比較的多い中で、一応の目安として線引きされているのが、
「心拍が確認できるかどうか」ということです。

初めて我が子の動いている心臓を見たときは、
本当に不思議な気分でした。

そこで今回は、妊娠初期に心拍確認ができる時期、
そして妊娠初期の過ごし方や必要な栄養素についてご紹介したいと思います。

 

妊娠初期の心拍確認ができる時期はいつから?

妊娠検査薬で陽性が出たからといって、すぐに病院で検査をしてもらっても、
赤ちゃんの袋である胎嚢(たいのう)すら確認できないことがあります。

わたしも実際、検査薬で陽性が出てから病院に行きましたが、
1回目は胎嚢が確認できませんでした。

一般的には、妊娠4~5週くらいで正常妊娠であれば胎嚢が確認でき、
遅くとも8週までには心拍が確認できるということです。
わたしは5週に胎嚢、7週に心拍が確認できました。

早い人では5週で心拍確認できることもあり、
一番多かったのは6週での確認でした。

小さな小さな丸い袋の中に、ちょこんと赤ちゃん(胎芽)がいて、
しっかり心臓が動いている。
改めてお腹の中の命を大切にしようと強く感じましたね。

でも、こんなに小さいのにつわりなどの全身症状を引き起こすなんて、
なかなかやるなぁといった感想もありました。(笑)

 
スポンサードリンク

妊娠初期の過ごし方や必要な栄養素

では、そんな心拍が確認できるくらいの妊娠初期は、
どのように過ごしたら良いのでしょうか?

まずは、ほとんどの人がつわりと格闘していると思いますので、
からだを十分休めながらリラックスして過ごしてください。

とはいいつつも、仕事を持っていたり、
既にお子さんがいる場合はそうも言っていられないですよね。

そういうときは、無理はせずに休み休み動いてくださいね。
自分の体調の変化に戸惑う人がほとんどだと思いますが、
つわりは必ず終わりがありますので気持ちを強く持ってください。

また、妊娠前から葉酸の摂取は意識していると思いますが、
引き続き葉酸はしっかり摂取するようにしてください。

つわりで具合が悪い時には食べられそうなものを食べて、
水分はこまめにとるようにしましょう。
そして冷えには注意ですよ!

 

妊娠初期はデリケートな時期

会社や家で、常に湯たんぽを持ち歩いていた妊娠初期を思い出しながら、
今回、心拍確認の時期などをご紹介させていただきました。

心拍確認は通常6~8週までには確認できます。

これは生理予定日から2週間後が目安となりますので、
検査薬で陽性が出たらこのくらいの時期に病院を受診すると、
何度も病院に行かなくても済むかと思います。

妊娠初期はデリケートな時期なので、具合が悪い時があると思いますが、
休みながらリラックスして過ごすようにしましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク