11月を霜月と呼ぶ由来や意味とは?「霜が降り出す月」だけでなく様々な言い伝えがあった!

11月を霜月と呼ぶ由来や意味とは?「霜が降り出す月」だけでなく様々な言い伝えがあった!

11月を旧暦表記すると、霜月(しもつき)と呼びますよね。

有名どころの神無月や師走に挟まれてちょっと目立たない感じがしますが、
忘れていた人は是非おぼえていただきたいです!

でも11月といえば秋の最終月だというのに
霜月なんて冬真っ盛りの名前のイメージがありますが、何故なんでしょう?

今回はそんな11月をなぜ霜月というのかを詳しく見ていきたいと思います。

 

11月が霜月と呼ばれる由来とは?

現在使っている新暦だと9月、10月、11月が秋となります。
だからまだまだ冬というイメージはあるでないのが一般的です。

しかしこれが旧暦となると10月、11月、12月を冬としていました。
旧暦11月には現在では12月22日の冬至がありますし、
冬真っ只中といった感じですよね。

さらに旧暦で11月というと現在の11月下旬から1月のことを指しますから、
新暦とは大きな時期の差がうまれているんですね。

霜月は読んで字のごとく「霜が降り出す月だから」という意味ももちろんありますが、
前の月と繋がっていて10月の神無月を「上の月」、
11月が「下な月」として「しもづき」となったとも言われています。

 
スポンサードリンク

霜月の意味について

霜月の意味は「霜が降り出す時期」というのが一番有名な話ですが、
実は古来より秋の収穫を神様に感謝する祭りが執り行われてきたことから、
「食物月(おしものづき)」と呼ばれていたものが訛ったと伝えられています。

あるいは太陽の光がだんだん弱くなり、
「ものがしぼむ月」から転化されたという説もあります。

しかしいずれも有力な説とは言い難いようですね。

ここはやはり霜月の意味としては霜が降り出す月だからというのが
一番わかりやすくて馴染みがあるのではないでしょうか。

また霜月には別名もあって、旧暦で冬のど真ん中、
まさに冬の真っ只中というところから「仲冬」という呼び方もできるそうですよ。

霜月を「そうげつ」と読んで
・霜と月の光
・霜が降りた夜の月の光
など冬の風情を感じさせる表し方をする場合もあります。

なんだか神秘的な、冬の美しさを表している表現で心地いいですよね。

 

霜月は霜が降り出すだけではなかった!

さて11月の旧暦表記、別名である霜月について説明してきましたが、
いかがでしたでしょうか?

ただ単に霜が降り出す月だからというだけでなく
様々な由来や意味が存在していたのですね!

これであなたも師走などに負けないくらい
霜月が印象深い月になったはずです!

一度旧暦と新暦を照らし合わせて時期のズレや
季節の移り変わりを比較してみるのも面白いかもしれませんね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク