しいたけの栄養や効果・効能は?食物繊維たっぷり、骨を丈夫にする成分も!

しいたけの栄養や効果・効能は?食物繊維たっぷり、骨を丈夫にする成分も!

そのまま焼いて、しょうゆを垂らして食べるしいたけ、もう最高ですよね!
和風の料理の常連であり、良いダシも出してくれるのがしいたけの特徴です。

そんなしいたけですが、いったいどんな栄養を持っているのでしょうか?
今回は、しいたけの栄養と効果・効能についてご紹介していきたいと思います。

 

しいたけの栄養について

しいたけには、体に良い栄養素がたっぷりと詰まっています。

栄養素①:ビタミンD
しいたけはビタミンD事態も含まれているのですが、
注目すべきは紫外線を浴びるとビタミンDに変わる、
「エリゴステロール」という成分も豊富に含んでいることです。
しいたけはビタミンDの宝庫というわけですね。

栄養素②:ベータグルカン
ベータグルカンはきのこ特有の成分であり、
免疫機能をつかさどる細胞の活性化に大いに役立ちます。
これは、しいたけ以外のきのこ類にもよく含まれている成分です。

栄養素③:エリタデニン
一方、しいたけとマッシュルームだけに存在する成分もあり、
エリタデニンという成分は血液をサラサラにすることで、
コレステロール値を下げるはたらきがあります。
これは他のきのこ類や食材には含まれていないので、レアな成分なんですよ!

栄養素④:食物繊維
便秘といえば、一番にキノコを食べなさい、
というアドバイスをもらうことがあると思います。
しいたけの食物繊維の含有量はたまねぎなどを上回る量で、
効率よく摂取しやすいんですね。

 
スポンサードリンク

しいたけの効果・効能

しいたけにはたくさんの栄養が入っていますが、
さらに注目すべき、しいたけの効果・効能についてご紹介します。

効果①:動脈硬化や高血圧を予防する
しいたけ(ごく少量ですがマッシュルーム)にしか含まれていない成分、
「エリタデニン」の効果で血液がサラサラになり、
コレステロール値を下げることで、
動脈硬化や心筋梗塞などの血管の病気を予防することができます。

効果②:骨粗しょう症を予防する
紫外線に当たるとしいたけに含まれているビタミンDは倍増していきます。
しいたけと、カルシウムを多く含む食品を一緒に食べることで、
骨粗しょう症の予防に最適なのです。
食べる前には日光に1時間ほど当ててから食べると良いみたいですね。

効果③:便秘を改善する
便秘をしいたけの食物繊維で改善の方向に向かわせます。
それだけではなく、しいたけは非常に低カロリー!
便秘解消でデトックスもできてダイエットにも相性が良く、
女性は特に欠かすことのできない食材ですよね。

効果④:免疫力をアップさせる
ベータグルカンは免疫力をアップさせて、
風邪に負けない元気な体を作ってくれます。
また、がんを予防する「レンチナン」という成分も含まれており、
最近は大変注目されている食材なのです。

 

しいたけの効果、子供の成長にも!

しいたけに関する栄養や効果・効能についてご紹介してきましたが、
あらためて、しいたけには素晴らしい効果があるなと感じました。

食物繊維で便秘を改善するだけではなくて、
がん予防にも効果が期待できるのもすごいですよね。

和風料理には必ずと言っていいほど登場する食材で、
和食が洋食よりも健康に良いと言われる理由のひとつかもしれませんね。

骨を丈夫にする効果は、子供の成長にもつながります。
是非、毎日摂るようにしていきたいですね。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク