七五三の時期はいつ?子供の年齢は数え年が基準、誕生日の前後でお祝いすることも!

七五三の時期はいつ?子供の年齢は数え年が基準、誕生日の前後でお祝いすることも!

七五三といえば、我が子の成長をひしひしと感じることかできる行事のひとつですね。

七五三の思い出といえば、子どもの側とすると
千歳飴を食べまくったという記憶しかないのですが(笑)

でも七五三って人生のうちで何回かしかありませんし、
時期やおこなう年齢などよくわからないことがたくさんありますよね。

そこで今回は七五三の時期、数え年なのか満年齢なのか
きちんとした知識をつけて本番に臨めるようにレクチャーいたします!

 

七五三の時期はいつ?

まず七五三の正式な日にちですが、11月15日に神社にお参りに行きます。

しかしなかなかぴったり11月15日に行けるケースは少ないと思われますので、
10月から11月のそれぞれ都合が良い日に七五三をおこなうことがほとんどです。

でもやはり、11月15日に近い週末になればなるほど
神社における七五三の予約はいっぱいになってしまいます。

一番人気は11月15日に近い週末、続いて11月の祝日である文化の日、
11月の大安の日、10月の土日となります。

やはり大安の日というのは、平日でも人気があるために
早めに予約をする必要がありそうですね。

特に七五三の写真撮影のスタジオ予約は、かなり混み合うことが予想できますから
早い段階で予約することが、必要でしょう。

最近では写真スタジオでレンタルした着物を着て七五三に行くケースも多いので
スタジオ、神社両方の予約が必須になっています。

 
スポンサードリンク

子供の年齢は数え年なのか満年齢なのか?

続いて七五三をお祝いするにあたって、
おこなう年齢は数え年なのか満年齢なのか気になりますよね。

まず男の子は3歳、5歳でおこない、
女の子は3歳、7歳でおこなうことは皆さんご存知のはず。

しかし正しくは数え年にて七五三をとりおこなうため

・男の子は満2歳、満4歳
・女の子は満2歳、満6歳

これが正しい七五三の時期なんですね。

数え年とは1月1日の元日を軸に考えていますから、
12月31日生まれの人は1歳である期間がたった2日しかないということになりますね!

逆に1月2日生まれの人は1歳が非常に長いということになります。

そうなると3歳のお祝いをする行事が、
12月末生まれの人は2歳になる前に七五三をやるという事態になってしまうのです!

そのため、最近では数え年など関係なく3歳の誕生日を迎える前後で
七五三をお祝いするというのが一般的になってきました。

つまり満年齢にてお祝いするということですね。
自身の都合を考えながら無理なく七五三をお祝いするといいですよ!

~関連記事~
七五三のお祝いを自宅でするときの食事や仕出しの予約・相場は?おいしい料理で楽しい一時を!
七五三の親の服装の選び方、コーディネート例をご紹介!子供が主役というポイントも忘れずに!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク