節分にまく豆の種類は?大豆や落花生など地方によって違いも!

節分にまく豆の種類は?大豆や落花生など地方によって違いも!
スポンサードリンク

節分の日にまく豆、多くの人は炒った大豆を想像するのではないでしょうか?

私も幼稚園の頃から炒った大豆をまいて節分を楽しんでいました。
ですが、実は地域によって豆をまく意味や豆の種類に違いがあるんです!
よくある「鬼は外福は内」のフレーズにも違いがあるようですよ。

今回は、そんな節分の豆まきに関して、
地域による違いを見ていきたいと思います。

 

節分に豆をまく意味や豆の種類について

そもそも節分とは「季節を分ける」ことを意味しており、
現在では立春の前日を指します。

節分の豆まきの習慣は、室町時代から続いているようですね。

昔から季節の変わり目には鬼が出ると言われていて、
これを退治するために豆をまくようになったというわけなんです。

豆をまく理由としては諸説あるのですが、
豆自体に邪気を祓う力があると言われているため、
豆が「魔の目…魔目」と語呂合わせから生まれた説などがあります。

そして、節分の豆まきに使われる多くの種類が大豆です。
大豆は米や小豆と比べても粒が大きく、
邪気を祓う効果が高いと信じられていました。

また、ただの大豆ではなく節分の豆まきには炒った大豆が必要です。
これは、まいた後に拾い忘れた豆から芽が出てしまうのが良くないからと、
「炒る(いる)…魔を射る」との語呂合わせもあるそうです。

 
スポンサードリンク

地方によって異なる豆の種類

多くの地域で豆まきに使われている大豆ですが、
実は地域によっては大豆以外の豆が使われているのです!

北海道や東北地方、上信越ではなんと豆まきに落花生が使われているんです。

え!中身をわざわざ取り出してピーナッツをまくということ?、
と思ってしまいますが、これらの地域では落花生を殻ごとまきます。

確かに大豆に比べたら落花生は大きいですから拾いやすいですし、
拾い忘れもなさそうですよね。
また、食べるときは殻をむくので綺麗な状態で食べることもできます。

小さな子供たちでも扱いやすいという、
意外と大豆よりも便利だなと思うことが多いんですよ♪

その他の地域でも、移住してきた人などが、
落花生による豆まきを行うこともあるようですね。

 

様々な節分の楽しみ方をお試しあれ!

節分の恒例行事である豆まきの由来や、
地域による豆の種類についてご紹介してきましたが、
私も初めて知ることが多くても勉強になりました!

季節の変わり目に現れる鬼を退治するためや、
邪気を祓うために豆まきがおこなわれているんですね。

また、上信越から北の地域では大豆よりも、
落花生による豆まきがメジャーだということもわかりました。

拾いやすく、食べる時も清潔で大豆よりもメリットが多いので、
これは試してみても面白そうですね。
様々な節分の楽しみ方、実践してみてください!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク