節分の豆、年の数を食べる理由とは?良い年になるよう、昔からの習慣があった!

節分の豆、年の数を食べる理由とは?良い年になるよう、昔からの習慣があった!

2月3日の節分の日、あちらこちらから、
「鬼は外福は内」という子供たちの掛け声が聞こえてきそうですね。

そう、節分といえばやはり豆まき!
最近は恵方巻きブームに少し押され気味ではありますが、
毎年多くの家庭や保育園・幼稚園の行事として豆まきが行われています。

でも、そもそもなんで節分に豆をまくのでしょうか?
また、豆を年の数だけ食べるのには、
どんな理由があるのかも気になりますよね。

そこで今回は、節分の豆まきについて見ていきたいと思います。

 

節分の豆をまく理由は?

節分というと冒頭でもお話しした通り、2月3日です。
これは2月4日の立春の前日にあたります。

昔から立春など季節の区切りは、
新たな年のはじまりといった特別な日だったんですね。
そのため、節分は今でいう大晦日のような意味を持っていたのです。

新しい季節を迎えるにあたって、
あらゆる邪気などを祓うために、炒った大豆が使われているのです。

これは米などの穀物よりも大きく、
豆が「魔の目=魔目=まめ」と考えられていたためと言われています。

また、何故生の大豆ではダメなのかというと、
まいた豆から芽が出てきてしまうのは縁起が悪いからだそうです。

さらに、「炒る(いる)=射る」というように、
これも邪気を祓うような意味合いがあることから言われています。

最終的に「魔目を射る=魔滅=まめ」となるわけですね。
よく考えられているなぁと感心させられます。

 
スポンサードリンク

なぜ年の数だけ豆を食べるの?

節分には毎年自分の年の数だけ豆を食べる習慣がありますが、
これはなぜなのでしょうか?

小さい頃、幼稚園の行事で節分の豆まきがあると、
1人4~5粒しか豆を食べられなくて歯がゆい思いをしたものです。
逆に大人になると結構な量の豆を食べなければならなくなりますよね。

先ほどお話しした、まきおわって邪気を祓った豆を「福豆」といいます。

福豆を毎年からだに取り入れることで、
福に恵まれた一年を送れるようにとの願いが込められているのです。

年の数だけとはいっても、多くは1粒多い、
数え年の分福豆をいただくことがありますよね。

これは現在だけでなく、次の年も幸せな一年を送れますように、
という願いが込められているからだそうですよ。

 

節分に豆まきをして今年も良い年に!

今回は節分の豆まきの由来や、なぜ年の数だけ豆を食べるのか、
という点について見てきました。

豆は、本来邪気を祓うための「魔の目=魔目」という意味だったこと、
そして、魔の目で邪気を「射る=炒る」ということで、
炒った大豆を使うことがわかりました。

また、まいた豆は「福豆」といって、一年幸せに暮らす願いを込める意味があり、
今年も良い年になるようにと、年の数だけ食べる習慣が定着していったようですね。

節分の日を機に、また新たな気持ちで毎日を過ごしていきましょう!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク