節分にいわしを食べる由来は?飾り方や食べ方もご紹介!

節分にいわしを食べる由来は?飾り方や食べ方もご紹介!

2月3日の節分、豆まきや恵方巻きがメジャーになりすぎて、
ついつい忘れてしまいがちになるのが「いわし」です。

いわしはただ食べるだけでなく、
ヒイラギを添えて飾り物にすることでも有名ですよね。

ですが、なぜ節分の日にいわしを食べるようになったのか、
今回は食べ方などもご一緒に説明していきたいと思います。

 

節分にいわしを食べる由来

いわしを漢字で書くと「鰯」と書きます。

つまり、弱い魚という意味になりますね。
実際に釣りに行くと、いわしは釣れてもすぐに死んでしまうそうです。

そして、いわしは独特の臭みが強い魚でもあります。

新しい季節を迎える節分の日に、
「弱くて卑しく、臭みの強い魚」を食べることで、
自分の中の「陰」の部分を打ち消して、
浄化してくれるという言い伝えがあるのです。

そして、ヒイラギといわしを合わせて飾るということの由来ですが、
トゲが特徴のヒイラギと臭いが強いいわしの頭を合わせることで、
鬼が進入してくることを防ぐためと言われています。

ヒイラギのトゲトゲした葉っぱは、鬼の目を刺すという話があるのです。

いわしを玄関や軒先に飾るときには、節分当日に飾ることが重要です。
この点では「一夜飾り」が不可とされているお正月とは逆ですね。

 
スポンサードリンク

節分のいわしの食べ方

では、節分のいわしはどのような食べ方が適しているのでしょうか?

鬼は臭いものや尖ったものが苦手とされており、
そのためにヒイラギと合わせたいわしの頭を飾ります。

また、その臭いから、魔除けとしても効果があると言われており、
焼いたときに出る煙も同様に魔除け効果があると言われています。

そのため、いわしの食べ方は焼いて食べるのがベストです!
そのとき、煙をしっかり浴びるようにしましょう。
(もちろん息は止めてくださいね。)

ちなみに玄関や軒先に飾ったいわしはいつ片付けるのかというと、
これは地域によって考え方が異なるようです。

節分の日の翌日に片付けてしまう場合や、
2月いっぱいまで飾っておく場合など様々あるようです。

 

豆まきや恵方巻きだけでなく・・・

今回は節分の日に深い関係がある魚、いわしについてご紹介してきましたが、
数ある魚の中でいわしが選ばれたのには、きちんとした理由があったのですね。

・いわしは弱くて臭いがあることから、自身の中の邪気を祓ってくれる効果があること。
・いわしの頭は臭く、それにトゲの葉を持つヒイラギを合わせることで鬼退治の効果があること。
・焼くと脂から煙が立ち上るため、魔除けの効果があること。

このような理由からいわしが節分に活躍してきたんですね。

最近の節分の行事は豆まきや恵方巻きが主流になってきていますが、
私もこれにあやかって、節分にはいわしを焼いてみようと思います!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク