2016年の節分の方角は?2月3日の行事や食べ物も一緒にご紹介!

2016年の節分の方角は?2月3日の行事や食べ物も一緒にご紹介!

いよいよ2016年の節分が迫ってきましたね!
節分というと、古くから季節を分ける意味がある大切な日です。

そんな節分ですが、実は毎年神様のいる方角が違うんです。
神様のいる方角は、節分の行事をおこなうにあたって、
とても重要なことになりますのでしっかり覚えておきたいところですね。

今回は節分の日や方角、節分の行事や食べ物を大特集していきたいと思います!

 

2016年の節分の日や方角

節分というと、まず気になるのは、
その年に神様がいる方角…恵方ではないでしょうか?

気になる2016年の2月3日の節分は、
恵方が「南南東」となっています。

実は神様のいる方角というのは4種類しかなく、
毎年ローテーションしているんです。

その4つの方角が下記の通りです。

・甲の方角…東北東、少し東
・庚の方角…西南西、少し西
・丙の方角…南南東、少し南
・壬の方角…北北西、少し北

これを見てみると、「少し東」などの微妙な方角ってなに?と思いますよね。

これは、2016年でいうと「南南東よりも少し南にズレている方角」に、
神様がいる恵方というわけなんです。

恵方というのは、この4つの方角を5年周期で繰り返しています。
そのため、2021年も恵方は南南東となるわけです。

 
スポンサードリンク

節分の日にする行事や食べ物

では次に、節分の日におこなう行事や、
食べ物についてご紹介していきましょう。

まず、多くの人が節分と聞いて思い浮かべるのは、
「豆まき」ではないでしょうか?

「鬼は外福は内」の掛け声に合わせてお父さんが鬼役になり、
子供たちが豆をまくといったものです。

そしてまいた豆を福豆と呼び、
年齢の分だけ食べるという行事は広い地域でおこなわれています。

次に節分の行事として、最近急浮上してきたのが「恵方巻き」です。
先ほど説明した神様のいる方角に向かって願い事をしながら、
恵方巻きを食べるという行事ですね。

そのため、最近では節分でいわしや節分蕎麦を食べるというよりも、
恵方巻きを食べるという認識が高まっています。

そんな我が家も今年の節分は恵方巻きです!
わたしは食いしん坊なので2本いただきます。(笑)

 

今年も子供たちと節分の行事を!

2016年、もうすく訪れる節分に向けて神様のいる方角や、
節分におこなう行事についてご紹介してきました。

2016年は南南東でちょっと南にズレた方角に神様がいるので、
恵方巻きを食べる時にはこの方角を向いて食べるようにしましょう。

他にも豆まきなど、子供たちでも一緒に楽しめる行事がたくさんあります。
みんなの笑顔で、福を呼び寄せられるといいですね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク