生後6ヶ月の服装、冬に選ぶポイントや着せ方は?子供の成長に合わせてチョイス!

生後6ヶ月の服装、冬に選ぶポイントや着せ方は?子供の成長に合わせてチョイス!

ハーフバースデーを迎え、産まれた時に比べて、
様々なことができるようになってきた生後6ヶ月の赤ちゃん。
生後6ヶ月の大きな成長というと、ひとりすわりがあります。

このいわゆる「腰がすわる」というのがクリアできると、
服装についても様々な新しいことができるようになってくるんです。

そこで今回は、生後6ヶ月の赤ちゃんの冬服選びのポイント、
着せ方についてなどをご紹介します。

 

生後6ヶ月の特徴と冬服を選ぶポイント

生後6ヶ月にもなると、赤ちゃんは自分ですわることができるようになり、
お世話がますます楽になってくる時期ですね。

おすわりができるようになることで、
カバーオールのようなつなぎ以外にも、セパレートの服も着させやすく、
冬服を選ぶレパートリーが増えて楽しくなりますね♪

前ボタン式以外の洋服をスムーズに着れるようになるのも、
この頃からだと思います。

思い切ってカバーオールは卒業して、
動きやすいセパレートタイプにチェンジしてみるのもいいですね!
わたしもこの頃からカバーオールとセパレートを交互に着だしていました。

セパレートタイプだと重ね着がしやすく、
より暖かい服装ができるので冬場は特にオススメですよ。
カバーオールの上にカーディガンなどを羽織っても可愛らしいですね。

 
スポンサードリンク

生後6ヶ月の冬服の着せ方や例

それでは、生後6ヶ月の冬服の着せ方を具体的に説明していきましょう。

例①:トップス
トップスは、頭を先に通してしまいます。
そこから両腕を通してあげて、スボンと着せればバッチリです。
ロンパースなどの下着については、
まだゴロンと寝かせて着させるのが楽だと思います。

例②:ボトムス
レギンスなどは、まだこの頃はネンネさせて履かせます。
片足ずつズボンに通して、赤ちゃんのからだを回転させながら、
腰まで上げていきましょう。

ただし、まだ腰が不安定なときは、無理にセパレートタイプにせず、
まだまだカバーオールで十分だと思います。
その場合は、やはり寝かせて着させるのが良いでしょう。

例③:ロンパース
わたしはよく、冬場でも室内ではロンパース1枚にレッグウォーマーを合わせて、
割と薄着でいさせていました。
ロンパースが動きやすいみたいで、子どもも好んで着ていたように思います。

生後6ヶ月~1歳までは前開きタイプ、
1歳からは肩ボタンタイプのものを着させていましたよ!

 

赤ちゃんの成長に合った服装を!

生後6ヶ月というと、ひとりすわりできる子もいれば、
ゆっくりペースな子もいて個人差が割とある時期です。

この頃の冬服は、赤ちゃんの成長に合ったような服装をさせることが、
一番大事なことではないでしょうか。

そのほうがお母さんもお世話がしやすくてストレスもなく、
時間もかかりにくいと思いますよ♪

子供の成長を楽しみながら、冬服を選んでみましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク