生後2ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけの時間や方法、コツはイライラしないこと!

生後2ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけの時間や方法、コツはイライラしないこと!

赤ちゃんが産まれて2ヶ月。

お母さんも授乳時の痛みや出産時のダメージも回復してきて、
日常生活がスムーズに送れるようになってきた、
というところではないでしょうか?

一方、生後2ヶ月の赤ちゃんは睡眠が安定しづらく、
夜中に何度も起きたり、なかなか寝付かなかったりと、
お母さんも汗だくになっていることかと思います。

そこで今回は、生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠パターン、
そして寝かしつけのコツなどをご紹介します。

 

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間や就寝時間について

生後2ヶ月は、赤ちゃんによって個人差はありますが、
夜にまとめて眠る赤ちゃんも出てくる頃です。

とはいっても、わたしは完全母乳だったので夜頻繁に起きていました。
逆にミルクの赤ちゃんは夜にまとめて眠りやすい傾向にあるようですね。

これまで昼夜逆転をしやすかった赤ちゃんですが、
朝は早めに起こして夜に寝かしつけをするなどの意識づけをすることで、
睡眠のリズムや睡眠時間が整いやすくなるようです。

睡眠時間の目安としては、お昼寝も合わせて、
1日に14~15時間くらい眠れていれば十分です。

赤ちゃんの後々の生活リズムで昼夜逆転が起こらないように、
夜7時以降は部屋の照明を落として、
「今は夜なんだ」とわからせることが重要です。

わたしは、からだも辛かったですし横になりたかったので、
子供と一緒に添い寝して、添い乳でおっぱいをあげて、
そのまま寝かしつけをしていました。

起き上がりたくなかった面倒くさがり屋なわたしには、
この方法がピッタリでしたよ。(笑)

 
スポンサードリンク

生後2ヶ月の赤ちゃんを寝かしつけるコツや心構え

では、生後2ヶ月の赤ちゃんを寝かしつけするコツや、
その心構えなどをご紹介していきます。

まず、気持ちの良い眠りを与えるために、
寝かしつけをする前に心掛けておきたいことがあります。

・オムツを新しいものに交換する
・おっぱいやミルクをお腹いっぱい飲ませる
・静かで暗い場所を確保する
・体調の確認をする

オムツはこまめな替えることで、
蒸れて気持ち悪い状態を避けることができるので、
寝ぐずりを防止することができます。

また、寝る前はおっぱいやミルクをお腹いっぱい飲ませることで、
空腹のためすぐに起きてしまうことを防ぐことができます。

母乳なら添い乳でそのまま寝かせてオッケーですが、
ミルクを飲んだあとは、げっぷをさせるのをお忘れなく!

また、テレビの音や足音などがあまり聞こえない、
静かで暗い空間を作ることも大切なポイントです。

赤ちゃんはまだ眠りが浅く、ちょっとした刺激で起きてしまうので、
生活音があまりにする部屋の近くでは頻繁に起きてしまうかもしれません。

そして、赤ちゃんの体調を寝る前に確認することも大切なポイントで、
例えば、かゆみや熱があったりすると赤ちゃんはなかなか寝つけないので、
検温をしてから赤ちゃんの様子をよく確認しましょう。

寝かしつけのコツは、お母さんが焦らないことです。

赤ちゃんはとても敏感なので、
お母さんの精神状態がダイレクトに伝わってしまいます。

先ほどの赤ちゃんチェックをしてもまだ寝ない時は、
「まだ眠くないのかな?」とのんびり構えてみてください。
夜に寝ない時は「明日一緒に昼寝をすればいいわ」と楽観的に。

イライラすると赤ちゃんが泣き止まないこともあり、
良いことはひとつもありませんからね。

 

とにかくイライラしないことが大切!

今回は、生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠や寝かしつけについてご紹介してきました。

まだ昼夜の感覚がつかめておらず、
お腹いっぱいになったら寝て空いたら起きる、
という生活リズムの赤ちゃん。

でも、お母さんたちの生活リズムになるべく赤ちゃんを近づけるためにも、
朝起きて夜に寝かしつけをするというリズムをつくっておくと楽です。

何より、お母さんがイライラしないことが大切で、
心に余裕を持つことが最大の寝かしつけのコツです!

この頃の赤ちゃんは頻繁に起きることが仕事のようなものなので、
お母さんもできるだけ赤ちゃんの睡眠に合わせて、
休息をとるようにすると良いですよ。

休み休み、気持ちを楽にして子育てしていきましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク