静電気除去ブレスレットの効果は?選ぶときは少し高めのものがオススメ!

静電気除去ブレスレットの効果は?選ぶときは少し高めのものがオススメ!

冬の空気が乾燥している時期、
窓の縁やドアノブに触ったらバチッときちゃったこと、ありますよね!

そう、憎き静電気です!
痛いしビックリするし、なによりイラッときます(笑)

そんなことにならないように静電気除去のグッズはたくさんありますが、
今回はブレスレットに焦点を当てて説明していきたいと思います!

 

静電気の起きやすい場所や材質

まず、静電気が起きやすい場所だったり材質だったりをご紹介しましょう。

やはり冒頭に申し上げた通り、
空気が乾燥している空間では静電気が発生しやすいのです。

一番静電気が発生しやすいケースとしては、
空気が乾燥している日に化学繊維の服を着てドアノブなどの金属に触れた時です。

化学繊維の服は吸湿性が低く、ちょっとの摩擦で静電気を発生させやすいんです!

また金属は電気をバリバリ通しますから、それはかなりの確率で静電気も通します。
人間も実は電気を通すため、金属などを触ると一気に体内に溜まった電気を放電するんですね。
これが簡単な静電気の原理です。

そのため他に電気を通す木などに触っておくと
うまく電気が流れてくれて静電気が起こるのを防いでくれるというわけなんです!

起きやすい場所はやはりドアノブや窓枠などの金属がダントツ1位で、
ガソリンスタンドで静電気除去ステッカーがあるのは車に触れて静電気が発生し、
ガソリンに引火するのを防ぐためです。

静電気ってスローモーションでみると
ちゃんとバリバリと電気が流れているんですよね。
あれを初めて見た時は衝撃的でした(笑)

 
スポンサードリンク

静電気ブレスレットの仕組みと効果

それでは本題の静電気除去ブレスレットの話に移りましょう。
まず静電気除去ブレスレットの仕組みから説明していきますね。

静電気除去ブレスレットはマイナスイオンの力で
静電気を中和させて放電してくれるはたらきがあるものです。

これはコロナ放電と呼ばれる現象で、体内に電気をためないように
うまい具合に放電してくれるというものなんですね。

でもここで考えるのは
「手首にはめるだけでなんで静電気が防げるのかわからない!効果は本当にあるの?」
だと思います。

結論からいうと、200円くらいで売っているような安い静電気除去ブレスレットでは
ほとんど効果はないと言っていいでしょう。

ある程度のコロナ放電効果を期待するならば、
やはり1000円以上はするものを選ぶようにしてください。
高いとやっぱり品質もいいみたいですよ!

気になるデザインもミサンガ風だったり
ビーズがついていたりとオシャレなんです!

普通につけていても違和感は全くないので
女性でも男性でも安心してつけられるのが嬉しいところです。

素敵なブレスレットひとつであのビリっとくる静電気を防げるなら
こんな嬉しいことはないですよね!

 

静電気除去効果を期待するなら少し高いものがオススメ

さて静電気除去ブレスレットの仕組みから効果までをお話してきましたが、
いかがだったでしょうか?

ある程度値段の高いものが良い効果があるということがわかったので、
これからはわたしもきちんと吟味して選びたいと思います。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク