産後クライシスの症状や解決方法は?年々増加傾向で、離婚につながることも

産後クライシスの症状や解決方法は?年々増加傾向で、離婚につながることも

子供を出産後、夫婦の関係が悪化する産後クライシスが、
年々増加傾向にあるそうです。

産後クライシスとは、
「産後2年以内に夫婦の愛情が急速に冷え込む状況」
を指す言葉です。

産後クライシスは2012年にNHKのあさイチで放送された造語で、
これが原因で離婚にまで発展するケースも珍しくありません。

 

産後クライシスの症状

産後クライシスは夫婦間の愛情が冷え込むことですが、
具体的には以下のような症状が原因となります。

①女性のホルモンバランスが急激な変化
②母親というライフスタイルの変化
③旦那の親としての無自覚

①女性のホルモンバランスの急激な変化
女性は子供を出産後、ホルモンバランスが急激に変化します。

これは、妊娠中に増加した特定のホルモンが、
元に戻るために減少していく状態になるからです。

その際、自律神経が乱れて精神的にも不安定になるため、
イライラしたり、急に泣きたくなったりするといった症状が現れます。

②母親というライフスタイルの変化
子供を出産すると、生活の中に育児という大きな要素が入ってきます。

母親は出産時の体力が回復しないまま育児に迫られ、
その上家事もこなさなくてはいけません。

特に最初の出産の場合は未経験ですから、
不安によって精神的な疲労も大きくなりがちです。

③旦那の親としての無自覚
母親は出産後、家庭を守ろうというスイッチが自然と入りますが、
旦那さんの場合は、まだ親としての自覚があまりないことが多いようです。

そのため、生活は子供が生まれてくる前とあまり変わらず、
育児や家事にも非協力的な方もいるのも事実です。

これらの行動が、①②の状態の母親と衝突する原因となり、
旦那さんに対して厳しくあたったり、
嫌悪する症状まで出ることもあります。

 
スポンサードリンク

産後クライシスの解決方法

産後クライシスの症状は様々ですが、
愛情の冷え込みのきっかけになるのは、
やはり旦那さんの育児や家事に対する姿勢が多いですね。

そのため、産後クライシスの解決方法としては、
旦那さんにも育児や家事に協力的になってもらうことが大切です。

そもそも、育児や家事に非協力的な旦那さんの多くは、
妻の母親としての変化、大変さに気づいていないそうです。

ですので、何気なく育児に無関心な言葉を発してしまったり、
仕事を理由にしてしまったりするようですね。

もちろん、仕事で忙しくて疲れているのは本当でしょう。

ですが、妻としては体力的にも精神的にも辛い状況で、
自分ではどうしようもない追い込まれた状態ですので、
やはり協力してあげるべきではないでしょうか。

妻としても、無理をせずに旦那さんに協力してもらい、
夫婦で一緒に育児に取り組むことが、
産後クライシスへの解決へとつながります。

旦那さんとしては、妻がどんな状況なのか理解をするようにし、
なるべく協力してあげるようにしてくださいね。

 

お互いの状況を理解してあげる

女性は子供の出産すると母親としての自覚が芽生え、
家庭を守る気持ちが強くなります。

ですが、それが自分を追い込んでしまうこともあり、
疲れが取れない、誰にも相談できないという状況にもなることがあります。

ですので、時には自分で休む日を作ることも大事です。
もちろん、そのためには旦那さんの協力が欠かせません。

産後クライシスとならないように出産後は特にお互いの状況の理解し、
夫婦で協力して育児に取り組んでいきましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク