産後女性の痔の原因や症状は?いきみや便秘などの対策をして予防を!

産後女性の痔の原因や症状は?いきみや便秘などの対策をして予防を!

産後の女性のからだの悩みというと、
多くの人が「痔」と答えると思います。

わたしも出産のときに今まで出したことのないような力を出したので、
見事に痔になってしまいました・・・。

ですが、これはあまり他の人に相談しにくい、
からだのトラブルでもありますよね。

そこで今回は、そんな産後女性がなりやすい痔について、
詳しく説明したいと思います。

 

女性が産後に痔になりやすい原因と症状

出産が原因で痔に悩む女性は約半数以上と大勢いますが、
そもそもなぜ産後に痔になってしまう人が多いのでしょうか。

主に3つの原因があるので、順番に説明していきましょう。

原因①:分娩時のいきみ
自然分娩時、陣痛の波に合わせて、
普段使わないようなパワーを込めていきみますよね。

また、赤ちゃんの頭でググッと肛門を押されてしまうために、
中の痔核が外に飛び出してしまう、
脱肛になってしまうことが非常に多くあります。

ちなみにわたしもなりました・・・。
非常に気になりますし、地味に辛かったです。

原因②:赤ちゃんに圧迫される
逆子などでなければ、赤ちゃんの頭が下になっていますよね。
一番重い頭が下がってきたり、
大きくなった子宮に肛門付近が圧迫されて、
血の流れが悪くなってしまうのです。

そのことでイボ痔になってしまうことが多々あります。
お恥ずかしいですが、わたしはあまりにこの痔がひどかったため、
助産師さんに出産した後傷口よりも痔を心配されました。(汗)

原因③:普段から便秘気味だった
妊娠中は非常に便秘になりやすくなります。
これは大きくなった子宮によって腸のはたらきが悪くなり、
便秘によって切れ痔が起こりやすくなります。

また、詰まった便により余計にうっ血することで、
イボ痔もできやすくなってしまいます。

 
スポンサードリンク

産後の痔の対策・予防法は?

それでは、産後の痔を予防するために、
何かできることはないのでしょうか?

これからご紹介する4つのポイントを押さえて、
痔を少しでも楽にしていきましょう!

対策①:便秘を改善する
ある程度予防することを考えたら、
妊娠中から便秘だけは解消しておきましょう。
少なくとも切れ痔だけは防ぐことができます。
妊娠中でも飲めるマグネシウム系の便秘薬を処方してもらうと良いですよ。

対策②:押さえてもらう
いきむときに、お尻から痔が飛び出さないように、
テニスボールや、助産師さんに指で肛門を押さえてもらいます。
呼吸法をしっかり身につけるためにマタニティヨガをやっても良いですね。

対策③:薬を使う
産後入院中に、痔の薬を処方してもらうと少しだけ楽になります。
わたしはあまりにひどい痔に見かねた助産師さんが、
痔の薬を処方してもらえるように先生に伝えてくれました。
産後1年くらいは定期的に薬を使っていましたよ。

対策④:病院で治療する
痔の症状はあまりにひどい場合は、
病院でしっかりと治療することも必要になってきます。
女性としては肛門科に行くのは抵抗がある方も多いでしょうが、
痛みで不快な思いをすることになるので早めに診察を受けましょう。

 

出産時には痔の対策もしっかりと!

出産を経験した半数以上の女性が産後の辛い痔に悩んでいるそうなので、
出産を控えた女性に、痔は決して他人事ではありません。

原因は出産のいきみ、便秘、赤ちゃんの圧迫によるものが多く、
対策をしておかないと後々悩まされる可能性も・・・。

もともと便秘気味で妊娠中に痔になり、出産でトドメをさされたわたしは、
産後1年半が経ちますが、まだ薬を使って治療中です。

便秘やいきみなどで対策できることもありますので、
できるだけ痔の予防をできるようにしておきましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク