離乳食の卵はいつからあげられる?アレルギーには気を付けて慎重に!

離乳食の卵はいつからあげられる?アレルギーには気を付けて慎重に!

離乳食であげる食材の中でも、
特に皆さんが神経質になってしまうのが卵ですよね。

わたしも卵に関してはアレルギーなどが心配だったので、
ちょっと注意をしながら与えていきました。

でも、そもそも卵は離乳食のメニューとして、
いつからあげることができるようになるのでしょうか?

今回は卵を与える時期と、注意点についてご紹介します。

 

離乳食で卵をあげられるのはいつから?

離乳食で卵をあげる時期について見てきましょう。

まず卵黄から与える場合ですが、
卵黄は離乳食に少しずつ慣れてきた、
生後7~8ヶ月くらいからスタートします。

与える卵はゆで卵を固ゆでにして、しっかりと熱を加えます。
白身と黄身を分けて、黄身の部分だけを、
「耳かきひとかけ分」まずはあげてみて様子を見てみてください。

卵はアレルギーが出やすい食材なので、
1さじだとちょっと量が多すぎる場合があります。

特に問題がなければ、量を様子を見ながら増やしていって、
1歳近くになったら卵白も同じように、
耳かきひとかけ分から試してみてくださいね。

ちなみに、卵は卵黄と卵白でアレルギーの出やすい度合いが違います。

実は卵白の方がアレルギーが出る子供が多く、
わたしの周りのママ友にも、
子供が卵白アレルギーだという人が多いですね。

ですので、卵白を与える場合はより慎重にいきましょう。

 
スポンサードリンク

卵をあげるときに気をつけたいこと

食品から起こるアレルギーは、
だいたいは対象のものを食べてから30分以内に、
何かしらの症状が起こることがほとんどです。

そのため、卵を食べさせてからも少なくとも30分~1時間は、
発疹などができていないか、機嫌が悪くないかなど、
注意深く赤ちゃんの様子を見てあげてください。

また、アレルギーとなる部分のは白身である場合が多いので、
特に卵を与え始めるころはしっかりと固ゆで卵を作って、
黄身と分けて与えるようにしてください。

すでにアトピー性皮膚炎などアレルギー体質である場合は、
卵を食べる前にアレルギー検査を受けて、
卵に対する感受性をチェックしておくと安心かもしれません。

また、何かあったときにすぐ病院に行けるように、
卵を食べさせる時間帯は、平日の午前中に限定してください。

これらに注意しながら卵に徐々に慣れさせていって、
離乳食のレパートリーをぐっと増やしていきましょう!

 

離乳食の卵は卵黄から慎重に!

離乳食で赤ちゃんに卵を食べさせられるのはいつから?ということで、
卵の白身と黄身と別々に考えてご紹介してきました。

一般的に卵黄の方がアレルギーが出にくいので、
7~8ヶ月くらいから卵黄をスタートしていきます。
卵白は卵黄に慣れてきたら10ヶ月以降に始めていきましょう。

また、卵を食べさせるにあたって注意したいこともたくさんあります。
赤ちゃんの体調に気を配りながら、慣れさせていきましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク