離乳食の進め方、初期の量の目安は?食事で嫌な記憶を残さないように慎重に!

離乳食の進め方、初期の量の目安は?食事で嫌な記憶を残さないように慎重に!

生後5ヶ月に入ったらミルクや母乳だけの時代は終わり、
いよいよ離乳食のはじまりです!

またひとつお母さんの仕事が増えて大変になってしまいますが、
赤ちゃんにとっては大人と同じように食事をするための大事な練習期間。

今回は、そんな離乳食の進め方や、
初期の離乳食の量の目安についてご紹介します。

離乳食の時期は1年以上続きますが、
お母さんと二人三脚で頑張っていきましょう。

 

離乳食の進め方について

まず離乳食を開始する時期についてですが、
生後5ヶ月になって以下のような様子が見られたら、
離乳食の初めどきです。

・大人が食事をしている様子を見る
・よだれがたくさん出る

このような感じが見られたら離乳食をスタートしてみましょう!
まず、生米から柔らかい10倍がゆを作って、
茶こしで細かくすりつぶし、液状にします。

そして、赤ちゃん用のスプーンを用意し、
ひとさじだけ最初に口へ運んでみましょう。
口を閉じてしまう場合は、無理にあげなくて大丈夫です。

あくまで食事は楽しい時間だと教える機会なので、
嫌な記憶を残さないように慎重に食べさせてあげましょう。

ここで無理やりにあげてしまうと、
その後の離乳食の食べにも影響する場合があります。

また、うまく食べさせたとしても、
最初はうまく飲み込めずにオエッとなってしまうかもしれません。

我が家も子供が最初はオエッとなっていて慌てましたが、
赤ちゃんからすれば最初の食べ物ですから無理もありませんね。
慌てないで少しずつ、赤ちゃんの様子を見ながらあげてみてください。

 
スポンサードリンク

離乳食初期の頃の量の目安

続いて、離乳食初期の頃の離乳食の目安についてですが、
離乳食初期の頃の量の目安としてはひとさじのみです。

食べ物を初めて食べる赤ちゃんにとっては、
ひとさじのほんのちょっとの量で十分なのです。

続いて2、3日目は2さじ、
4、5日目は3さじと量を増やしていきましょう。

どれも赤ちゃんの様子を見ながらゆっくりと進めていきます。
食べが悪いようなら3日目でひとさじでも何にも問題はありませんよ。

離乳食の食べ方にも個人差があるので、
スムーズにいく子もいればなかなか進まない子もいます。
おおらかな心を持って離乳食を始めることが重要ですよ。

この10倍がゆは、最初の1週間続けてみて、
うまく食べられるようであれば、
野菜のすりつぶしを1種類プラスしてみてください。

野菜も、初めて食べる食材はひとさじから始めるのが離乳食の原則です。

初めて食べる野菜で適しているのは、
ニンジンやカボチャ、ほうれん草などです。

アレルギーを見極めるためにも、
必ず1種類ずつ追加していってくださいね。

 

子供の成長を楽しみながら!

赤ちゃんの初めての離乳食、わからないことだらけで不安も大きいと思います。

わたしもいつでも病院に行けるように、
着替えてメイクしてから食べさせたりしたくらいですから。(笑)

最初の離乳食は10倍がゆをひとさじから。
続いて2日ごとにひとさじ増やしていって、
1週間後に野菜を1種類プラスしていくのが、
離乳食初期のはじめのステップです。

アレルギーの心配などもありますが
できるだけお母さんもストレスにならないように、
子供の成長を見ながら楽しく続けていきましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク