離乳食の納豆はいつから?独特の粘りと臭みも工夫次第で食べやすく!

離乳食の納豆はいつから?独特の粘りと臭みも工夫次第で食べやすく!

納豆の健康パワーは誰にとっても知るところですよね。

その健康パワーをぜひ赤ちゃんにも!と考えるのですが、
離乳食で納豆をあげることってできるんでしょうか?

大人でも納豆は好き嫌いが分かれる食材ですが、
赤ちゃんのうちから慣れ親しんでおけば、
納豆嫌いにならずに済むのでしょうか?

今回は離乳食の納豆に関して見ていきましょう!

 

離乳食で納豆をあげるのはいつから?

納豆は大豆食品でたんぱく質を多く含む食材ですが、
生後5~6ヶ月の離乳食初期から食べられます。

とは言っても、少し離乳食に慣れてきた頃にあげる方が良いでしょう。

わたしも豆腐や魚を食べさせて問題がないのを確認してから、
6ヶ月に入る頃に与えてみました。

最初は納豆を茶こしなどですりつぶしてなめらかにしてから、
ひとさじずつ様子を見ながらあげてみると良いですよ。

ただし、初めてあげるときは何かあってもいいように、
病院の開いている平日の午前中にあげるようにしてください。

 
スポンサードリンク

赤ちゃんへ納豆を食べさせるには?

納豆は発酵食品ということで独特の香りを放つ、
好き嫌いが分かれる食べ物ですね。

わたしは納豆が大好きで毎日でも食べたいくらいですが、
主人は大の納豆嫌い!
子供には何とか納豆好きになってもらいたいものです。

やはり赤ちゃんでもあの独特の粘りと臭みが嫌で、
食べたがらない可能性が大いにあります。

そんなときにできる3つの方法をご紹介しますね。

方法①:納豆を湯通しする
納豆を茶こしですりつぶしてから熱湯で湯通しすると、
粘り気がなくなって食べやすくなります。
食べさせるときは、冷ましてからあげることをお忘れなく!

方法②:納豆単体で食べさせない
納豆だけで食べさせるより、
ご飯と混ぜることで食べやすくなるようです。
おかゆにちょっとずつ混ぜて様子を見てみましょう。

方法③:冷凍保存して解凍してみる
納豆は一度冷凍すると、粘り気が取れてきます。
すりつぶしたものをひとさじごとにラップに包んで冷凍し、
自然解凍して食べさせるようにしてみましょう。
ただし、冷凍しても1ヶ月以内には食べてくださいね。

 

納豆の離乳食にチャレンジ!

赤ちゃんにはちょっとチャレンジな食材、
納豆を離乳食としてあげることについて見てきました。

離乳食に納豆?!と最初はわたしも苦手意識を持っていましたが、
湯通ししたり工夫してみると案外食べてくれますし、
後味が悪いなんてこともなさそうなので安心しました。

わたしは臭い消しに食後にヨーグルトをあげるようにしているので、
ぜひ試してみてくださいね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク