エアコンと冷風機の違いや電気代を比較!冷風機は夏の救世主となれるのか?

エアコンと冷風機の違いや電気代を比較!冷風機は夏の救世主となれるのか?

夏の必需品であるエアコン。
でも電気代が結構かかるし、節約したいポイントでもありますよね。

部屋を涼しくする機械にはエアコン以外にも、
冷風機を呼ばれるものもあります。

冷風機とはなにものなのか?
エアコンと冷風機の違いや、電気代などを比較してみましょう。

 

エアコンと冷風機の違い

まず、エアコンと冷風機はその構造に違いがあります。

エアコンは室内機と室外機がありますが、
冷風機は室内機と室外機が一体化しています。

冷風機は前面から冷たい風を出しますが、
排熱はその反対側で行っていますので、
後方から温風が出て行くという構造になっています。

簡単にいうと、室内の空気を取り込んで、
冷風と温風を一緒に吐き出す機械ですね。

一般的に後方からの温風の方が強いので、
密室で使用すると部屋の温度はむしろ上がってしまいます。

ですので、後方の温風を外に出す必要があるんですね。
また、除湿効果もありません。

それを踏まえてエアコンと冷風機の冷房効率を比較すると、
エアコンのほうが上になります。

 
スポンサードリンク

エアコンと冷風機の電気代について

冷風機自体の値段は、エアコンよりも安い物が多いですね。

エアコンは大体5万円から15万円くらいで、
室外機取り付け工事も必要です。

一方、冷風機の場合は室外機も一体化していますから工事の必要はなく、
値段も3~5万円ほどの物が多いです。

電気代に関してですが、冷風機の電気代はそれほど高くありません。

エアコンの電気代は1ヶ月つけっぱなしで1万円程度、
扇風機は700円程度、冷風機は800円程度だそうです。

つまり、扇風機に近い価格なんですね!

ただ、冷風機は部屋全体を冷やすものではなく、
風が当たるところしか涼しくありません。

つまり、電気代は安いですがエアコンの代わりにするのは難しく、
エアコンから冷風機に替えるのはあまり現実的ではなさそうです。

 

エアコンは設定で節約できることも!

冷風機は電気代が安くて魅力なのですが、
エアコンのように使えないのは残念ですね。

しかし、最近のエアコンは省電力性が高まり、
昔に比べれば電気代はだいぶ安くなりました。

それでも、やはりエアコンの電気代は抑えたいもの。
下記の記事では、電気代を抑えるポイントをご紹介しています。

夏のエアコンの電気代を抑える6つのポイント

エアコンの簡単な設定で実践できるものが多く難しいものはないので、
ぜひお試しください!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク