冷房病の対策には外気温との温度差の意識を!免疫力の低下にも注意!

冷房病の対策には外気温との温度差の意識を!免疫力の低下にも注意!

夏は開放的な気分になりイベントも豊富で盛り上がる時期ですが、
猛暑が続いて熱中症も怖い時期ですね。

最近では熱中症対策として冷房の効いた部屋に入るような呼びかけもありますが、
冷房が強い部屋に入りすぎると冷房病と呼ばれる症状が出ることもあります。

 

冷房病の症状

冷房病は冷房が効いた部屋と外の温度差が激しく、
その場所を行き来すると自律神経の乱れ、
頭痛や肩こり、吐き気、などの症状が発症します。

人によっては発熱や下痢という症状まで起こりますので注意が必要ですね。

また、冷房だけでなく食べ物によって必要以上に体を冷やすのもNGです。
例えば、冷房の効いた部屋で冷えたビールを飲んだり、アイスやかき氷を食べ過ぎたりなど。
冷房の効いた部屋でそのまま昼寝してしまったりしても冷房病の原因になります。

暑い日が続くので、ついやってしまいがちな行動ですが、
体調管理のためにしっかり意識していきたいですね。

 
スポンサードリンク

免疫力の低下にも注意

冷房病によって自律神経が乱れると免疫力も低下します。

影響を受けやすいのは低体温の女性や子供、老人です。
特に、体温調整が未熟な赤ちゃんは注意が必要です。

さらに、意外にも夏はウィルスの活動が活発になる時期です。
梅雨から食中毒のリスクが高くなりますし、
デング熱やプール熱、手足口病といった病気も夏に流行します。

夏の病気への対策として、熱中症と同じように冷房病への意識を高め、
免疫力の低下を防がなければなりません。

 

冷房病の対策

冷房病の対策としてまず挙げられるのが、冷房の設定を25℃以下にしないということです。
理想を言えば、外気温との温度差を5℃以内にしたほうが良いそうです。

冷房の効いた部屋で寝る場合は上着を羽織る、夜は冷房をつけっぱなしで寝ないなども、
冷房病対策として挙げられます。

他にも、適度な運動を心がけることや風呂は湯船に浸かるなども、
免疫力を高めることができるのでオススメです。

体を必要以上に冷やさないように気をつけて、この夏場を乗り切りましょう!
 

スポンサードリンク