プリン体を摂りすぎるとどうなるの?プリン体の影響や尿酸値の下げ方

プリン体を摂りすぎるとどうなるの?プリン体の影響や尿酸値の下げ方

最近、プリン体ゼロのビールなどが開発され、
尿酸についての意識が高まってきています。

ところで、プリン体とはどういったもので、
私たちにどんな影響を与えるのでしょうか?

 

プリン体について

プリン体とは、食品に含まれる成分で、
動物や植物の細胞の含まれているものでもあります。

プリン体は食品のうまみ成分でもあり、
プリン体の多い食品はうまみが濃くて、
おいしく感じるのが特徴です。

また、プリン体はエネルギー源でもあるので、
人が生きる上で欠かせない物質なのです。

ただ、プリン体は食品から摂取する以外にも、
私たちの体でも日々作られており、
尿酸という物質になって尿などと一緒に排出されます。

この尿酸がきちんと排出できていれば問題ないのですが、
摂取したり作られる尿酸が多すぎたり、うまく排出できないと、
痛風や尿路結石の原因となってしまうのです。

他にも腎機能障害やメタボリックシンドローム、
動脈硬化になるリスクがあります。

これが、プリン体の取り過ぎは良くないと言われる理由なんですね。
おいしい物に含まれるだけに厄介です。

 
スポンサードリンク

尿酸値を下げるには?

プリン体が多く含まれる食品は、
あん肝やレバー、魚介類、肉類などです。

もし、夜にプリン体の多いものと食べるとするならば、
朝と昼はプリン体の少ない物にするなどの調整が必要です。

また、ビールにはプリン体が多いというイメージがありますが、
ビールにプリン体が多く含まれているというよりも、
アルコールそのものに尿酸値を上げる作用があります。

ですので、ビール以外のお酒も尿酸値に悪影響を与えてしまうので、
尿酸値が高い人は気をつけたいところですね。

尿酸値を下げる手段としては、まずはプリン体の多い食品や、
尿酸値を上げてしまうアルコールを減らすことです。

また、尿酸は尿とともに排出されるので、
水を多めに飲んで尿を増やすのも手です。

運動をする際にも注意が必要で、
激しい運動をすると体内で尿酸が多く作られてしまいますので、
ウォーキングなどの軽めの運動にしたほうがいいそうです。

 

普段からプリン体を意識しよう!

最近は尿酸を下げる働きのある食品として、
ヨーグルトなどの乳製品やコーヒー、適量のワイン、
ビタミンCなどが注目されています。

これらは尿酸値が気になる方は積極的に摂取するとよいそうですが、
やはり、一番効果的なのはプリン体を減らすことでしょう。

おいしい物を我慢するのは確かに辛いことかもしれませんが、
痛風になってしまったりすればもっと辛い状況になります。

かかりつけのお医者さんから注意されている場合は、
特に気をつけた方が良いですね。

今、尿酸値に問題がないという方でも、
プリン体という存在を知っていて損はないと思います。

プリン体の多いものやアルコールはほどほどに。
 

スポンサードリンク