おしることぜんざいの違いは?関東や関西での認識に相違も・・・!?

おしることぜんざいの違いは?関東や関西での認識に相違も・・・!?

寒い冬にはあんこの中にお餅が入った定番のアレをいただく・・・。

あれ?でもこれっておしるこになるの?ぜんざいになるの?
ふと気になった方、いるのではないでしょうか?

わたしはお汁粉とずっと言ってきましたが、
このふたつに違いはあるのでしょうか?

両方、あんこの中にお餅が入っている料理なのは確かですけれど、
意外と知らない人が多いのが現状です。

そこで今回は、おしることぜんざいの違いについて、
地域によって差があるのかどうかをご説明していきたいと思います。

 

おしることぜんざいの違い

それでは早速、おしることぜんざいの違いについて、
それぞれ見ていきましょう!

・おしるこ
おしるこは漢字で書くと「お汁粉」となります。
つまり、汁状のあんこ、こしあんの汁に具材を入れたものを、
「おしるこ」と呼んでいるのです。

必ずしもお餅でなくてもおしるこなんですね。
でも、ほとんどが白玉やお餅を入れた料理となっています。

・ぜんざい
一方ぜんざいは漢字で書くと「善哉」となります。
これではちょっとわからない、という人が多いと思います。

これは、仏教の言葉で「喜び、祝う」という意味を持っており、
毎年の初めに「善哉餅」という神聖なお餅を食べてみんなで祝っている習慣が、
のちに関西地方で「ぜんざい」と呼ぶようになったといわれています。

このほかにも出雲大社の「神在餅(じんざいもち)」がなまった、
という説や一休さんが完成する説など様々あります。

 
スポンサードリンク

関東と関西での違い

では続いて、関東と関西の認識の違いについて説明していきましょう。

・関東地方のおしることぜんざい
関東地方では、おしるこというと、
つぶあんやこしあんの汁で作られたものという認識があります。

確かにスーパーで売っているレトルトのおしるこも、
つぶあんとこしあんがありますね。

一方関東でのぜんざいは、汁気がほとんどないあんこを、
お餅や栗にかけてあるものをいいます。

関東でのおしることぜんざいの違いは、
「汁気があるかどうか」で違いが見られます。

・関西地方のおしることぜんざい
関西ではシンプルに、おしるこはこしあんで作ったもので、
ぜんざいはつぶあんで作ったものという分けかたの認識です。

わたしはずっと関東地方に住んでいますが、
個人的にはおしるこはこしあんがメインです。
これは自分の好みだからでしょうね。

 

違いを知ってうまく使い分けよう!

おしることぜんざいの違い、おわかりいただけましたか?

関東地方は汁気があるかどうか、関西はつぶあんかこしあんか。
関東と関西ではそれぞれの認識が少し違うので、
ちょっと会話がかみ合わないということもあるかもしれません。

ですが、違いを頭に入れておけば、
おしることぜんざいをうまく使い分けることができますよね!
子供からの質問に答えることだって可能です。

飲食店やスーパーなどでこれらを見かけて気になったとき、
今回のお話を思い出してみてくださいね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク