お歳暮の時期はいつ?関東や関西などの差がなくなるも年々早くなっている傾向が!?

お歳暮の時期はいつ?関東や関西などの差がなくなるも年々早くなっている傾向が!?

年の暮れに一年お世話になった人に向けて贈られるお歳暮。
お歳暮が届くと「ああ一年ももうすぐ終わりなんだなぁ」と思いますよね。

実は贈る時期が関東と関西で異なるってご存知でしたか?

そして年々早くなっているお歳暮の時期、
今回はそんな関東と関西で異なるお歳暮の時期についてご説明いたします。

 

お歳暮を贈る時期について

ではまず世間一般でいう「お歳暮」を贈る時期から説明していきますね。

そもそも歳暮とはその年の暮れのことで、
もともとはご先祖様や神様にお供え物を持ち寄ることが始まりでした。

それが江戸時代になり現在のお世話になった人に、
お歳暮を贈るというスタイルに変わったのです。

お歳暮は年の暮れということで
毎年12月に心を込めた品を贈るということになりました。

最近ではデパートなどのお歳暮の売り出しが強化されているため、
年々購入する時期が早くなりつつあります。

人気のある品は毎年早くに、あっという間になくなってしまうので
みんな早めに行動するのでしょうね。

しかし実際にお歳暮が届く時期は毎年同じくらいです。

実はこのお歳暮が届く時期は地域によって変わるのですが、
これについては次の項目でお伝えしたいと思います。

 
スポンサードリンク

関東と関西のお歳暮の時期

お歳暮だけでなくお中元も関東と関西で時期が異なるのですが、要約すると

・関東は12月1日〜20日くらいまで
・関西は12月10日〜12月20日くらいまで

となり、関東のほうが一足先に
お歳暮を贈るということになりますね。

しかし先ほどもお話した通り、
デパートなどでのお歳暮の売り出しが早まったおかげで
年々お歳暮の時期が早まってきていることは確かです。

そのため関東と関西での違いも
以前ほど顕著な違いは見られなくなってきました。

どちらも12月20日くらいまでに贈れば大丈夫という認識でオッケーです!

ちなみに東北や北海道などのその他の地域ではどうなのかというと、
関西と同じように12月10日~12月20日くらいまでに
贈るというのが一般的でした。

とにかく日本では現在全体的にお歳暮の時期が早まっていっているのです。

そのため準備するなら11月の早い段階から行うのが
いい商品をゲットするコツかもしれませんね!

 

最後に・・・

さてここまでお歳暮の時期について説明してきましたが、いかがでしたか?

関東と関西で時期が違うというのは今回初めて知りましたが、
関東のほうが早かったのですね。

今年も素敵なお歳暮を贈れるように、
早めに行動していい商品をゲットしたいと思います!

~関連記事~
お歳暮、喪中のときの送り状やのし紙の書き方は?挨拶文にも注意!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク