おせち料理の意味や由来は?それぞれのメニューについてもご紹介!

おせち料理の意味や由来は?それぞれのメニューについてもご紹介!

お正月の食卓を彩るおせち料理。

有名店のものはかなり豪華で、
目でも楽しめるようなものがたくさん発売されていますね。

わたしは1度手作りしたことがあるのですが、
それはそれは大変でした・・・。
それ以来高いお金を出してもお店で予約購入しています。

でも、なんでお正月になるとおせち料理を食べるのでしょうか?
今回は、そんな疑問にお答えするだけでなく、
おせち料理のメニューについても一部ご紹介します。

 

おせち料理の意味や由来

おせち料理の起源と言われているのは、実は弥生時代なんです!
かなり古くからお正月が祝われてきたかがわかりますね。

あらゆる作物の収穫を祝って、
神様に感謝して一年の節目としていたお正月の前進がありました。

そこで神様にお供えしたものを「節供(せっく)」と呼び、
供えたものを更に料理して食べたことから「節供料理」と呼んでいたのです。
これがおせち料理の起源なんですね。

そのうちに中国の宮中で元日に行う行事「節会(せちえ)」が日本に伝わって、
「御節供(おせちく)」から「おせち料理」となったのです。

おせち料理を食べる理由としては、

・歳神様への感謝を込めて豪華なおせち料理でおもてなしをする
・三が日の間、家事をしなくてもいいように保存がきくおせち料理を食べる

などの説があります。

 
スポンサードリンク

おせち料理のメニュー

では、おせち料理に入っているメニューは、
それぞれ大事な意味を持っているのでご紹介していきましょう。

・一の重
おとそに合う酒の肴になるようなメニューや口取りと呼ばれる、
かまぼこや伊達巻などの一口で食べられる具材を入れていきます。

メジャーなものを紹介すると数の子は子孫繁栄、田作りは豊作祈願、
黒豆は魔除けの黒にちなんで無病息災の意味が込められています。

口取りはというと、かまぼこは紅白で縁起が良い、
伊達巻は学問の成功、栗きんとんは金運アップの意味があります。

・ニの重
酢の物や焼き物などの、口代わりと呼ばれるメニューを詰めていきます。

紅白なますは水引をイメージし、平和を祈る意味、
酢れんこんは将来の見通しが良い意味、海老は腰が曲がるまで長生きする、
ぶりは出世魚なので出世するようにとの願いが込められています。

・三の重
三の重には全体に煮物を詰めていきます。

お煮しめには、様々な季節な根菜を一緒に煮ることから、
「家族一緒に仲良くいられる」という意味を持ちます。

もちろん、煮物に入っている具材にもそれぞれちゃんと意味を持っているんですよ!
おせち料理はきちんとした意味のある食べ物だったんですね。

 

おせち料理の手作りにチャレンジも!

お正月の顔、おせち料理についてご紹介してきました。

もともとは弥生時代からおこなわれていた豊作成就のお祝いから始まって、
中国から伝わった節句の文化からおせち料理が生まれたのですね。

手作りのおせち料理は本当に大変でしたが、
たまには気持ちを込めて手作りするのもいいかもしれません。

ちなみにかかる代金は手作りでも購入でも変わらなかったです。
時間のある方は、是非チャレンジしてみてください!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク