お宮参りの赤ちゃんの服装、掛け着は用意するべき?動きやすさも考慮を!

お宮参りの赤ちゃんの服装、掛け着は用意するべき?動きやすさも考慮を!

赤ちゃんの誕生を神様にお知らせして、
健やかな成長を願ってご祈祷をしていただくお宮参り。

そんな記念すべき赤ちゃんに関する行事ですから、
やはりとびっきりオシャレをさせてあげたいですよね!
また、赤ちゃんには「掛け着」という正装もあります。

今回は、そんなお宮参りの気になる赤ちゃんの服装についてと、
掛け着は用意したほうがいいのかをご紹介します。

 

お宮参りの赤ちゃんの服装について

では早速、お宮参りでの赤ちゃんの服装ですが、
第一には赤ちゃんに負担の少ない服装にすることに尽きます。

お宮参りに行く時期は生後1ヶ月くらいですので、
健康面でもかなり気を遣いますよね。

また、その頃の赤ちゃんは授乳も頻繁にありますし、
気温の変化にも敏感なのです。

そのため、服装は白いカバーオールのようなベビードレスを基調として、
おくるみなどで体温が下がらないように注意しなければなりません。
また、晴れた日であれば陽よけなども必需品ですね。

お母さんとしてはお宮参りという行事の特性から、
赤ちゃんに正装をさせたいと考える方も多くいらっしゃいます。

しかし、一番は赤ちゃんの居心地が良いかどうかや、
お母さんが授乳をしやすいかというのが重要なのです。

 
スポンサードリンク

赤ちゃんの掛け着は用意するべき?

赤ちゃんのお宮参りでの正装として、
白い内着の着物に重ねる掛け着があります。
お宮参りの写真で赤ちゃんがよく被っている着物に当たります。

これは、確かに華やかに見えますし、
いかにも「お宮参りに着ています!」と気分は盛り上がるのですが、
赤ちゃんとしては重いしちょっと窮屈な思いをしているかも…。

であれば、お宮参りが終わった後の写真撮影で、
掛け着をフル活用してみてはいかがでしょうか?

写真スタジオによっては、お宮参りの写真撮影を予約したら、
特典として掛け着を無料でレンタルしてくれるところもあるようです。
これは、七五三の着物と同じようなシステムですね。

こういったサービスを利用していけば、
お宮参り中はベビードレスだけでも、
しっかりとした写真を残すことができます

また、実際に購入するよりかは遥かに安価で済みますので、
ぜひこのようなサービスがないかもチェックしてみてくださいね!

 

お宮参りは着心地や動きやすさも考慮を!

今回は、お宮参りでの赤ちゃんの服装についてご紹介してきました。

お宮参りでは赤ちゃんのことも考えて、
まずは着心地や動きやすさを優先した方がいいと思います。

生後1ヶ月くらいのまだ不安定な時期に外出するわけですから、
お母さんもすぐに授乳などができたほうが良いでしょうし、
ベビードレスがあればとりあえずはオッケーでしょう。

そして、赤ちゃんの正装である掛け着は、
写真スタジオを予約すれば無料レンタルをしているところもあるので、
こうしたサービスをフル活用していくと良いですね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク