大晦日の意味や由来は?意外とたくさんある年末の過ごし方もご紹介!

大晦日の意味や由来は?意外とたくさんある年末の過ごし方もご紹介!

一年の中で無性にドキドキワクワクするのが、この大晦日ではないでしょうか。
仲間内で騒いで迎える人もいれば、家族や恋人同士であたたかく迎える人もいます。

でも、なんで一年の一番最後の日である12月31日を大晦日というのでしょうか?
気になる意味や由来、過ごし方などを調べてみました!

 

大晦日の意味や由来は?

大晦日の「晦日(みそか)」は30日から来ています。
よく30歳になると三十路(みそじ)と言われたりしますよね。

大晦日は「一年の最後の日」として、
旧暦の晦日から来ていたので必ずしも12月31日とはならなかったのです。

それが新暦となり、一年の最後の日で、
月が隠れてしまう日=「大晦(おおつごもり)」として呼ぶようになったことから、
大晦日となったのです。

・晦日=一年で最後の日
・大晦日=旧暦の30日を意味する
・大つごもり=月が隠れてしまう日

これらがまとまって大晦日になったというわけです。

 
スポンサードリンク

大晦日にすること、過ごし方

大晦日まで大掃除など忙しく過ごしてきたわけですが、
いざ大晦日となるとやることがそこまでない・・・なんて思っていませんか?

実は、大晦日にはすることがたくさんあるんですよ!

①年の湯に入る
年の湯は大晦日に入るお風呂のことで、
一年間に溜まった垢を洗い流して気持ちよく新年を迎えるためのものです。
この一年間のことを振り返りながらお風呂に浸かるのが良いですね。

②掃き納めをする
大掃除はもう終わっていることかと思いますが、
大晦日には最後に仕上げの掃き掃除をします。
これはお正月に掃除をすると歳神様を追い出してしまうと考えられているからです。

③年越しそばを食べる
大晦日といえばやはり年越しそばは欠かすことができませんね!
この習慣は江戸時代より始まっていたそうで、
そばが長いことから長寿や健康を意識した行事となっています。

④除夜の鐘を聞く
108の煩悩を取り去るために除夜の鐘をじっくりと聴き、
新たな気持ちで新年を迎えるようにしたいですね。
除夜の鐘を聞くと、なんだかドキドキしてしまいます。
新たな一年がまた始まるんだな!とワクワクしちゃいます。

その他の過ごし方は家族とゆったり過ごすなどありますが、
やはり、それぞれの大切な人と過ごすのが一番かなと思います。

 

大晦日は一年の総復習!

大晦日の意味や由来、過ごし方を説明してきましたが、
意外とやることはたくさんあったんですね!

一言で言うと、一年総復習といったところでしょうか。
年の湯や掃き納めなんかは特にこれを感じますよね。

新たな年を気持ち良く迎えるために、大晦日も素敵な日にしたいですね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク