お彼岸の墓参りの服装やお供え物に決まりはある?最低限のマナーを守って失礼のない行動を!

お彼岸の墓参りの服装やお供え物に決まりはある?最低限のマナーを守って失礼のない行動を!

お彼岸でお墓参りに行くとき、
どのような服装で行くべきなのでしょうか?

また、お供え物はおはぎでなければいけないのか、
細かいところですが、少し悩むところですね。

今回は、お彼岸のお墓参りに行くときの服装や、
お供え物として持っていくものについて見ていきます。

 

お彼岸のお墓参りの服装について

お彼岸のお墓参りに行くときの服装は、
礼服をイメージする方が多いのではないでしょうか。

お墓参りに法要や法事がある場合は、
礼服で行くことがマナーとなります。

ですが、法要や法事がなければ、
礼服で行く決まりはありませんので、普段着で問題ありません。

お墓の手入れをすることもあるでしょうから、
法要などがなければ普段着のほうが
動きやすくていいかもしませんね。

ただし、派手な色の服であったり、
あまりにもラフな格好は避けましょう。

普段着でも色に気をつけるのであれば、
黒や黒に近い色のものを選択すると良いかと思います。

 
スポンサードリンク

お彼岸のお墓参りのお供え物について

お彼岸のお墓参りに持っていくお供え物として、
一番有名なのはおはぎですね。

ですが、お供え物がおはぎでなくてはならないわけではなく、
おせんべいやお饅頭などの和菓子やフルーツ、お酒でも問題ありません。
お墓参りする方の好きだったものを持っていくと良いでしょう。

また、お供え物としてお花を持って行っても良いですね。
お花の種類は菊の花がをはじめ、白百合、胡蝶蘭、カーネーションなど。

おはぎは普段あまり食べたり作ったりしないかと思いますので、
子供と一緒に作る機会とするのもおもしろいですね。

ただ、お供え物は基本的に持ち帰るのがマナーとなっています。
そのまま置いて行ってお寺の方に迷惑のかからないように注意しましょう。

 

最低限のマナーは守るべき

お彼岸のお墓参りには、服装もお供え物も、
それほど厳格な決まりはありません。

ですが、厳格な決まりはないと言っても、
最低限のマナーは守る必要があります。

お墓参りは亡くなった方への敬意を表する場ですので、
やはり粗相のないように気をつけるべきです。

派手な格好であったり、お供え物をそのままにしたりなど、
マナー違反になることは避けるようにしましょうね。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク