ノロウイルスの完治の判断方法は?しつこい菌の感染を防ぐために意識を高く予防を!

ノロウイルスの完治の判断方法は?しつこい菌の感染を防ぐために意識を高く予防を!

冬場になると流行期に入り、
非常に感染力が強いだけでなくその症状も強力なノロウイルス。

症状が出るのは2~3日と短いって聞いたことがありますが、
ウイルスは症状が治まったらもうなくなるのか気になりますよね。
正しい知識を身につけて感染しないように努めたいものです。

そこで今回はノロウイルスの潜伏期間や完治の判断についてをご説明します。

 

ノロウイルスの潜伏期間について

結論から言うと、ノロウイルスの潜伏期間は、
ウイルスに感染してから24~48時間後で急激に症状が出ると言われています。

いきなり辛い下痢や嘔吐が起こるのはかなりしんどいですよね。
逆に言えば、感染者と接触をしてから2日以上症状が出なければセーフです。

食中毒の場合は代表的な牡蠣などがありますが、
主にノロウイルスの感染は症状が出た前の日か、
さらにその前の日の食事が原因だということになります。

健康で体力のある大人なら比較的軽症で済む場合もあり、
1日しか症状が出なかったり下痢のみで済んだなど様々です。

中にはウイルスに感染しても症状の出ないツワモノもいます。
しかしこのツワモノが意外とタチが悪いのです。

本人はノロウイルスに感染しているなんて思ってもいないですから、
知らぬ間に周りにウイルスを撒き散らしている可能性があるのです。

ですので、冬場は手洗いをしっかりおこない、
ノロウイルスの感染を防ぐ意識を持ちましょう。

 
スポンサードリンク

ノロウイルスの完治の判断

ノロウイルスに感染後、症状が治まったらもう完治で良いのでしょうか?

答えはノーです。
症状が治まっても実は患者の便の中にはノロウイルスが潜んでいるんです。

しかも、長くて2週間くらいはウイルスが検出されると言われています。
そのため、ノロウイルスが完治したと確実に言えるのは、
症状が治まってから2週間くらいなのです。

それまでは、トイレの後はしっかり手洗いをし、
ノロウイルスに効果的だという次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めて、
しっかり除菌をしていきましょう。

タオルを使用するときは他の方と必ず分けて、
みんなが共通して触りやすいドアノブなども、
次亜塩素酸ナトリウムで徹底的に消毒します。

ノロウイルスで2週間も会社を休むなどはできないでしょうから、
この手洗い、消毒をしっかりおこないながら集団生活に戻るしかありません。
周りに被害を広げないためにも、これは欠かさず行うようにしましょう。

 

集団生活では予防の意識を高く持つこと

ノロウイルスの潜伏期間や、完治までの期間について説明してきましたが、
特徴は思っていた以上にしぶといウイルスだということですね。

感染を避けるには手洗いや次亜塩素酸ナトリウムでの消毒をしっかりおこなって、
ウイルスを拡散しないように気をつけるのが一番です。

集団生活ではみんなで意識を高く持ち、徹底的に予防していきましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク