ニラの栄養や効果・効能は?スタミナだけでなく風邪にも有効な食材!

ニラの栄養や効果・効能は?スタミナだけでなく風邪にも有効な食材!

独特の香りと強い風味で、よく中華料理に使われるニラ。

わたしは風邪の引き始めには、
ニラをたっぷり入れた雑炊を食べてスタミナアップします。

他にもニラ玉やレバニラなど、
美味しいラインナップが目白押しですよね!

そこで今回は、そんなニラの栄養や、
健康への効果・効能についてご紹介します。

 

ニラの栄養について

ニラは古くからある野菜で、
江戸時代には薬草として栽培されていたそうです。

ですので、ニラには薬草と言っても遜色ないくらい、
素晴らしい栄養素が含まれています!

栄養素①:ビタミンA
ニラには豊富なビタミンAが含まれており、100gも食べれば、
成人男性の1日に摂取すべきビタミンAがほぼ一度に摂れてしまいます!
ビタミンAは粘膜を強化して風邪予防に役立ちます。

栄養素②:ビタミンC
ビタミンCは100g?中25mg含まれており、
こちらも豊富な量と言えるでしょう。
メラニン色素の沈着を防いでシミやソバカスを予防します。
また、風邪予防にも役立ちますよ!

栄養素③:カルシウム
ニラのカルシウム量は、ほうれん草にも劣らずたっぷり含まれています。
骨や歯を強化してくれるので、
成長期の子供にもたくさん食べさせたいですね!

栄養素④:硫化アリル
硫化アリルとは、ニラの独特な香り成分のことです。
消化酵素のはたらきを促進して食欲を増やします。
また、ビタミンB1の吸収を助けるため、
体内にとって重要な役割を果たします。

 
スポンサードリンク

ニラの効果・効能

続いてニラの効果や効能についてご紹介しましょう!

効果①:スタミナアップ
ニラに含まれる硫化アリルはエネルギーの代謝を助けて、
スタミナをアップさせる効果があります。
硫化アリルはニラの他に、ニンニクなどにも含まれています。

効果②:風邪予防
ニラに豊富に含まれているビタミンAやCのはたらきで、
皮膚の粘膜や免疫力を高めて風邪や感染症を予防します。

ちなみに、ニラと相性の良い食材を食べることで、
より良い効果が期待できます。

特に相性が良い食材が豚肉です。
豚肉に含まれるビタミンB1と硫化アリルの相乗効果で、
疲労回復効果などが期待できます!

また、ニラを油炒めにすることで、ベータカロチンの吸収を高めます。
さらに卵のようなビタミンEを含む食材と一緒に食べることでも、
相乗効果が期待できます。

ですので、ニラ玉は特にオススメなメニューです。

 

相性のいい食材と合わせて食卓へ!

今回はシャキシャキした食感が特長のニラについてご紹介しました。

ニラにはビタミンA、Cがたっぷり含まれており、
ニオイの成分である硫化アリルの作用で、
ビタミンB1の吸収を助ける効果があります。

スタミナアップや風邪予防といった健康への効果・効能があり、
暑い夏だけでなく、寒い冬にもピッタリの食材なんですね!

また、ニラと相性がいい食べ物もご紹介してきましたので、
栄養豊富なニラを食卓へ積極的に並べましょう!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク